ウロコインコの破壊活動・止まり木付きバードテントを壊された

Pocket

止まり木付きバードテントに入るウロコインコ2

バードテントのフン害・その後のその後

我が家のウロコインコのチャイはバードテントが大好き。
シーサン手作りのバードテントを愛用していたのですが、困った問題が。

毎日毎日バードテントの中にフンをするようになり、チャイの体にもフンがついて汚ギャル状態に・・・
そして何より、洗い替えがね・・・もう面倒で面倒で。

そこから長い長い「バードテントのフン害」との戦いが始まりました。
朝の溜めフンをケージの外でしてもらったり、

バードテント用の替えシーツを作ってみたり、

色々な対策を講じるも、どれも上手くいかず・・・
最終的には、バードテントの床を無くしてしまえ!と、止まり木タイプのバードテントを作成。

これはかなりの好感触!で、長かった「バードテントのフン害」との戦いにもついに終止符が。
これにて一件落着と、フン害対策本部も解散となりました。

・・・・・・ところが、

ここに来て別の問題が急浮上!!

対策本部が緊急再結成に?!

一体、何があったのか?!対策本部を覗いてみよう!!

ウロコインコは齧るのが仕事?!

バードテントの床がなくなり、止まり木タイプのテントでくつろいでいた、ウロコインコのチャイさん。
止まり木付きバードテントに入るウロコインコ2

床が無いのは受け入れてもらえた様ですが、どうやら止まり木とテントをつないでいるゴム部分がどうしても気になる様子。

最初は、たまにガジガジしているだけだったのですが、そこにウロコインコ特有の破壊活動精神に火が点いた?!

しばらく経った後に、バードテントがこんなことに・・・
壊されたバードテント1

ゴムの部分が、ブチ切れてしまいました。
壊されたバードテント2
止まり木も、齧られて削れています。

止まり木は齧ってもいいんですよ。
木を齧ることで、嘴の伸び防止になりますし・・・

でも、ゴムの部分は齧らないでーーー!!

って、頼んでも、無理ですよね・・・ハイ。

ちなみに、「破壊活動」という意味を Wikipedia で見てみると、

破壊を通して敵、圧制者または雇い主を弱めることを目的とする意図的な行動をさしていう言葉である。

シーサンを困らせようとして、意図的にやってるのかしら?!
破壊活動工作員のチャイさん?!?!

きょとんとするウロコインコ
「はかいかつどう??何それ??」

・・・・・・うーん、これは確信犯ですな。

この壊されたバードテントを直して再利用する事も考えたのですが、それでは結局同じ事の繰り返しとなりそうで、最終的な解決には至らないとの判断を下した対策本部長シーサン。

くぅぅぅぅ~!!どうすりゃいいんだよぉぉーーー!!(部長涙)

果たして、対策本部は有効な対策を打ち立てることが出来るのか?!

乞うご期待・・・??

まとめ

今回は、バードテントのフン害対策の最終兵器として投入した新型バードテントを敢え無く壊されたというお話でした。

それにしても、ウロコインコのチャイさんは、色んな物をよく齧ります。
まだ若いから・・・というのもあるのでしょうか。
この、カミカミガジガジ破壊活動はいつまで続くのでしょうか。

新たな対策を講じるために、大忙しの対策本部からのお知らせでした。

※追記:今回の教訓を元に、新たなタイプのバードテントを考案!作成してみました。

ウロコインコは齧るのが大好き!思う存分齧らせてあげんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です