ざんねんな鳥&茨城のいきもの展に我が家のウロコインコが登場

水戸市立博物館開館40周年記念特別展

茨城県の水戸市立博物館で、鳥好きさんにオススメの特別展が開催されています。

その名も、

「ざんねんな鳥&茨城のいきもの展」

開催期間は令和2(2020)年10月17日(土)~11月23日(月・祝)までです。

こちら、ネーミングからも分かる通り、子供たちにも大人気の「ざんねんないきもの事典」とのコラボ企画になっております。

タイトルからして、とても興味深い特別展なのですが、

この度、

なんと!

我が家のウロコインコのチャイの写真がこの特別展で使われることになりました!

わーいありがとうございます!

んー?でも「ざんねんな鳥」?

うちのチャイが残念ってこと?

いやいや、決してざんねんなウロコインコではありませんよ!

実際に水戸市立博物館に行って展示を見てきました。

どんなだったか、ざっくり紹介しちゃいまーす。

鳥の剥製を交えたオモシロネタ展示

今回「ざんねんな鳥&茨城のいきもの展」を見に訪れたのはコチラ、水戸市立博物館です。

車のナビが博物館の建物の横とか後ろを案内するもんだから、なかなか見つからずに若干迷ってしまいました。

そして駐車場。

博物館の駐車場、あるんですが、狭くて台数が少ない・・・。

土日はすぐいっぱいになっちゃうようで、案の定我が家がたどり着いた時も満車。近隣のコインパを利用しました。

そんな感じで少々モタモタしましたが、なんとか到着。

水戸市立博物館

さぁ、張り切って観覧スタート!

今回の展示は、序章、第一章、第二章、第三章、第四章に分かれておりまして、それぞれ、

序章「進化の不思議 恐竜から鳥へ」
第一章「ざんねんな鳥の体」
第二章「ざんねんな鳥の生き方」
第三章「ざんねんな鳥のこだわり&すごいけどざんねん」
第四章「ざんねんな茨城のいきもの」

という編成になっています。

ちなみに我が家のウロコインコのチャイの写真は、第一章「ざんねんな鳥の体」の、ハトはあお向けにされると動けないの中で使用されています。

ハトはあお向けにされると動けない

へぇ~ハトってそうなんですね。

しかしながら、ウロコインコはニギコロしてあお向けにされても大人しくしている個体が多いですが、動けないわけではありません。

ウロコインコニギコロ

こんな風になることもありますが、あお向けにしても動けますよ。

じゃあなんでここで我が家のウロコインコのチャイの写真が使われているのかというと、

こちらの説明パネルにも書いてありますが、

鳥さんには多少なりとも同じような習性がありまして、ハトはあお向けですが、周りをタオルで覆う、目隠しをする、箱に入れる等々、鳥を大人しくさせる方法はいくつかある、とのこと。

そこで当ブログの「ビール瓶で出来る!インコの正しい保定練習法」という記事の中で以前紹介したインコの保定方法も、治療や足環(あしわ)の取り付け時にインコの動きを上手く封じる方法として用いられていますよ、というサンプル画像として使って頂いているという訳です。

インコ保定

こんな風に、ざんねんな鳥&茨城のいきもの展では、鳥たちのちょっとざんねん?というか、一風変わったオモシロ情報と、その情報をさらに詳しく掘り下げた知識ネタを、パネルや剥製を見ながら楽しめるという特別展になっています。

その他の展示を少し紹介しますと、

こちらのニワトリさん。

ざんねんな鳥ニワトリ

ニワトリは強いものから順番に鳴いている、とか。

ざんねんな鳥コンゴウインコ

コンゴウインコは暇すぎて逆立ちして遊ぶ、とかね。頭がいいから遊ぶんですよね。

このように、見て楽しい、読んで楽しい、鳥好きにオススメの内容になっていますが、遠方だったりなかなか都合が合わずに博物館まで行けないよ!という方も多いと思います。

そんな方々にオススメなのが、今回の展覧会の図録です。

ざんねんな鳥図録

限定500部、800円!

これね、なかなかいいですよ。面白いです。

このように、先ほど紹介した我が家のウロコインコのチャイ写真付きハトのネタとか、
ざんねんな鳥図録

アホウドリのうんちネタとかね。展示内容がギュッと凝縮されていて、お子様が読んでも楽しめるものになっています。

ざんねんな鳥図録

「ざんねんないきもの事典」のファンで鳥好き!の方に是非とも手にして頂きたいです。

ただね、コチラの図録、限定500部でして、再版の予定はないとの事。

売れ行きも好調で会期中に完売してしまいそうだとの情報が入っております。

郵送での購入が可能なので、興味のある方はお急ぎ博物館に在庫の問い合わせをしてみてください。

水戸市立博物館、図録販売についてのページはコチラです。
>>http://shihaku1.hs.plala.or.jp/publication

まとめ

今回は水戸市立博物館で開催されている「ざんねんな鳥&茨城のいきもの展」のお知らせでした。

展示パネルに我が家のウロコインコのチャイが登場し、めでたく博物館デビューを飾りました!

鳥さんの色々なオモシロネタを知ることが出来て、楽しい内容となっています。

興味があったら是非行ってみんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

トーク画面からかんたん検索!
LINEボットアカウント「おしゃべり赤ヘルインコ」

LINEで読者になる

赤ヘルインコをSNSでフォロー!

Instagram


Twitter


2件のフィードバック

  1. ミチコサン より:

    あらー!
    行きたかったー。
    夫は単身赴任で茨城に住んでいるのですよー。
    いつまでやってるのかしら…

    • シーサン より:

      開催は11月23日までのようです。
      機会がありましたら是非行ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください