ハゲてないオカメインコルチノーが欲しい!これって可能?

オカメインコ雛

ルチノーが欲しい・・・でもハゲはイヤだ

オカメインコにはルチノーと呼ばれる品種がいます。

ルチノーとは白みがかった黄色の個体のことで、オカメインコの中でも人気の品種です。

実はこのルチノーちゃんですが、遺伝的に頭頂部におハゲがある個体が多いという特徴があります。

それについてはコチラで紹介しています。

おハゲが多いルチノーですが、中にはハゲていない個体もいる様で・・・時にはブリーダーさんのところにこんな依頼があるそうです。

「ハゲてないルチノーのオスが欲しいんですけど・・・」

これって、実現可能な希望なのでしょうか?

さて、結果はいかに・・・?!イッテミヨー!

ルチノーのハゲる、ハゲないは断定できない

「ハゲてないルチノーのオスが欲しい」という希望をお持ちの方、実は結構多いかもしれません。

オカメインコ界(?)では「オカメといえばルチノー」というイメージがあるくらい、そもそもルチノーは人気品種です。

さらにオスとメスを比較してみても、どちらかというとオスの方が人気がある様です。

メスはあまり鳴かずに大人しく色も地味めなのに対し、オスの方が「ピーピョロ、ポロロ♪」とよく鳴くからだと思われます。メスは卵を産んでしまうから面倒だ、というのもあるかもしれません。

そのため、「ルチノーのオスが欲しい」という人は必然的に多いのでしょう。

ルチノーのオスは欲しい。でもハゲはイヤだ。

ということで、ブリーダーさんの元にはたまに「ハゲてないルチノーのオスをくだせぇ」と来る方がいらっしゃるのです。

「そうは言ってもお客さん・・・ルチノーってぇのは、これまたどういう訳かハゲの子が多くてねぇ・・・」

「いやいや大将、そこを何とか。ルチノーってのは、やっぱり可愛いだろう?あの薄っすらとしたクリーム色が・・・可愛いんだけども、あっしはどうもハゲが苦手でねぇ。なーに、簡単なことだろうよ?え?生まれてきたルチノーのオスで、ハゲてないのが居たら譲ってくれって話だよ。」

「お客さんがそれでもいいなら構わないが・・・後でその子がハゲてきても、文句言わねぇでくださいよ。金返せなんて言われたら、たまったもんじゃない。」

「何だって?今はハゲてなくても、そのうちハゲるかもしれねぇってのかい?そりゃ困るよ。あっしはハゲてないルチノーが欲しいんだから。将来的にも一生ハゲないルチノーをくれよ。」

「お客さん・・・そんなの分かるわけないじゃないですか。ハゲが嫌って・・・アンタだって子供の頃はハゲてなかったんだろう?それなのに、今じゃ立派にハゲてんじゃないですか。」

「だからハゲって言わねぇでくれよぉぉぉーー!」

・・・という訳で、実際のブリーダーさんはこんな落語調な江戸の商人みたいな人ではありませんが、ハゲてないルチノーというのは確約できないらしいのです。

雛の頃はまだおハゲじゃないルチノーさんでも、成長とともにおハゲが出てくる個体もいるそうです。

しかも、これまでの飼育経験から、オスの方がハゲる確率が高いとのこと・・・。

いまハゲてないルチノーさんは、もしかしたらこのまま一生ハゲないかもしれない。でもハゲるかもしれない。そしてどちらかというとオスの方がハゲ率が高いとくれば、「ハゲてないルチノーのオス」という注文はとっても難しいということが分かりますね。

従って、ルチノーを望む場合は「ハゲるかもしれない」と思ってお迎えしましょう。

生理的におハゲが受け付けないという方は、ルチノーをお迎えするのはやめましょう。

まぁ「あばたもえくぼ」って言いますでしょ?愛があれば・・・なんとやらです。

まとめ

今回はオカメインコのルチノーでハゲてないオスが欲しい!という願いは叶うのか?というお話でした。

将来的にはハゲるかハゲないかは分からないので、絶対にハゲが嫌な人にはルチノーはオススメできません。

ハゲちゃったらしょうがないけど、できればハゲてないルチノーがいいわ、という人は、今現在ハゲてないルチノーちゃんを探してみましょう。

あばたもえくぼ?おハゲもオカメ?個性として受け止めてみんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です