オカメインコのルチノーはなぜハゲる?!性別による違いは?

オカメインコルチノー

オカメインコのルチノーにはハゲが多い?!

オカメインコの中でも人気の品種ルチノー。

ルチノーとは、白みがかった黄色の体色に赤いチークパッチが映えた可愛らしい色のオカメインコです。

前回の記事でも書きましたが、実はこのルチノーさん、頭頂部がハゲた個体が多いのが特徴だったりします。

我が家にはノーマルのオカメインコ、丸くんの1羽しかいないので、残念ながらおハゲのルチノーさんの写真が無く、画像で紹介できないのですが・・・どんな感じにおハゲなのかは他サイトさんで確認してください。

で、この頭頂部のおハゲなんですが、どうやらオカメインコの中でもルチノーに多いみたいなんですね。ルチノーに多い・・・というよりは、ルチノーだけのような感じです。

気になってルチノーのおハゲについて調べている時に、こんな情報を見つけました。

日本でオカメインコブームが到来した時、東南アジアでオカメインコの過剰な繁殖が繰り返され、日本に大量輸入された。

その無理な繁殖が原因でおハゲを持つルチノーが誕生してしまい、その遺伝子を受け継いできたのがルチノーにおハゲが多い要因なのでは?

ということでした。

こういうのって犬の繁殖とかでもあるみたいですね。特定の犬種がブームになって、量を増やそうと無理な繁殖をした結果、奇形や障害のある個体が産まれてしまう、というものです。

果たして、これが本当にルチノーおハゲの原因なのでしょうか?

今回は、オカメインコのブリーダーさんと「ルチノーおハゲ」について話した内容を紹介したいと思います。

それでは、オカメインコのルチノーはなぜハゲた?!イッテミヨー!

ルチノーのおハゲはオスに多い

今回ルチノーのおハゲについてお話させて頂いたのは、我が家のオカメインコの丸くんお迎え元のブリーダーさんです。

「ルチノーにおハゲが多い理由として過去の過剰繁殖が挙げられてますが、本当なんですかね?」

とお聞きしたところ、

「うーん・・・それねぇ。原因の一つなのかも分からないですけど、それだけとは思えないんですよね。」と。

なぜならば、その理由として・・・

「ルチノーのおハゲは断然オスに多い」

らしいのです。

過剰繁殖が原因ならば、雌雄の差なく均等におハゲができるはずですよね。ですが、これまでの繁殖経験からみると、おハゲの確率はオスに多いらしいのです。

それはもう、人間の男性にハゲが多いのと同じ様に。

そんなわけで、単に過剰繁殖が原因とは言えないんじゃないか、ということなんですが・・・

もし、その過剰繁殖の時代の前にはおハゲのルチノーは存在しなかった、というのであれば何らかの関連性はあるかもしれませんが、ちょっとそこまでは分からないです。

ただ、野生のオカメインコって元々存在していたのは原種のノーマル(グレー)だけです。ルチノーというのは人工交配を繰り返した中で誕生した、ノーマルからメラニン色素が欠乏した、ある意味「正常ではない種」です。

こちらがノーマルのグレー。
オカメインコノーマル

こちらがルチノー。
オカメインコルチノー

全然色が違いますね。

いわゆる「アルビノ」などもそうですが、厳しい自然界において、他とは違う色で生まれた個体が生き残るのはとても難しい事です。

目立つ色はすぐに外敵に狙われますし、目や体が紫外線に弱かったりと、健康的にも問題がある個体が多いのが事実です。

ただし、オカメインコのルチノーのように長い繁殖の歴史を経ていれば、現段階では既に「種」として確立されていると考えられます。

そのため、ルチノーがノーマル種より健康面で劣っているとか、体が弱いとかという様なことは、現在では全く心配ない、ということです。

ですが、やはり元々存在しなかった「正常ではない種」なので、その誕生の歴史の際に何らかの遺伝子異常があり、ルチノーの場合は人間の男性ホルモンによるハゲに近い「おハゲ」の遺伝子が刻まれた可能性があるのではないか、ということです。

あくまで仮説ですが・・・。

まとめ

今回はオカメインコのルチノーのおハゲの原因についてのお話でした。

ルチノーのおハゲはオスに多い、ということで、単に過去の過剰繁殖が原因というよりは、何らかの遺伝子異常でおハゲルチノーが誕生したのではないかということです。

おハゲも可愛い個性として、ルチノーは多くの人に愛されています。

おハゲもルチノーの特徴だよ。思う存分可愛がってあげんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です