インコがよく人間の爪にツンツン噛みつくのはなぜ?

ウロコインコ

インコが爪に執拗につきまとってくる?!

インコを飼っている皆様は、やたらとインコに爪をツンツンがじがじとされた経験はありませんか。

私はあります。我が家のセキセイインコのレイちゃんはおしゃべりが大好きなのですが、なぜか飼い主の爪に向かっておしゃべりしたり、素足で歩いていると足の爪を追いかけてトコトコとついてきたり・・・。

足の爪を追いかけまわされると、間違って踏んでしまいそうで怖いんですよ・・・。ストーカーですかあなたは。

しかもツンツンつつくだけならまだしも、かじって剥がそうとする時もある。・・・普通に痛い。

なんでインコってそんなに爪が好きなの?!

その理由は、どうやらインコの習性と、爪の性質(?)にあるようです。

それでは、インコが飼い主の爪につきまとうのはなぜ?!イッテミヨー!

インコにとって人間の爪は、まるでアレのよう・・・

インコにとって人間の爪って、一体どんな存在なのでしょう?

人間の爪って硬いですよね。そして、インコのくちばしも硬い。

インコの顔に人間の爪が迫ってくる様や、くちばしで突いた時のカツカツとした感触が、どうやらインコにとってはまさにくちばしの様に感じるみたいなんです。

そして、同種のインコを多頭飼いしたことがある人なら分かると思いますが、インコはインコ同士、くちばしを使ってお互いをカキカキと羽繕いのお手伝いをしたり、特にオスとメスは口移しで餌を与え合ったりします。また、ケンカの時にはくちばしで攻撃したりもします。

つまり、インコにとってくちばしとは、ただご飯を食べたり声を発したりするだけではなく、仲間とのコミュニケーションに欠かせないものなんです。

特にセキセイインコはオスの吐き戻しの餌をメスが受け入れてくれたら、パートナーとしてオッケーということになったりするので、くちばしの感触に似た飼い主の爪に一生懸命つきまとってアピールするのは極々自然な行動だったんですね。

求愛の時には親しげに、機嫌を損ねて怒った時には狂暴に・・・。相手のくちばしに対する様に、インコは人間の爪に執拗につきまとってくるんですね。

そんな訳で、よく小さな子供が「わーかわいい!」と無防備に、かつ、ちょっと乱暴にインコの目の前に指を差し出すと、容赦なくガブっとやられるのは当然なんです。

爪のような物体の先端が、ニュッと目の前に向かってきたら・・・インコにとってはまさにくちばしで攻撃される直前!いやぁ~!怖い!ってな状況です。

どんなに慣れている鳥さんでも、手を差し出すときには爪の先端から向かっていくのではなく、手のひらを見せて、優しくそっと差し出してあげてください。

まとめ

今回は、インコはなぜ人間の爪にしつこくつきまとってくるのか、というお話でした。

爪の感触がインコのくちばしに似ているために、求愛だったり友情の証だったり、はたまた攻撃の対象だったりと、コミュニケーションの対象となっていたからなんですね。

だからといって、剥がそうとするのだけは本当にやめて頂きたい・・・。

インコは人間の爪が色んな意味で大好きだよ!くちばしみたいって知っときんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です