鳥種によって手乗りに「なる鳥」「ならない鳥」は何が違う?

手乗りセキセイインコ

カナリア・十姉妹は手乗りにならない?

先日、当ブログの読者様からコメントをいただきました。

カナリアを飼われているそうですが、「カナリアは人に懐かないらしくて、(このブログで)手乗り鳥の写真を見ると羨ましいです」とありました。

そうか・・・カナリアって人に懐かないのか。そういえば、十姉妹(ジュウシマツ)も確かそうだったよな、とふと思い出した。

なぜ「十姉妹が手乗りにならない」と思っていたかというと、昔見た「ちびまる子ちゃん」のとあるお話の中での出来事。

手乗り文鳥が欲しくて小鳥屋に買いに行ったまる子。でも文鳥が売り切れだったため、代わりに十姉妹を買って帰った。しかし手乗りではないのにカゴから出して、翌日には開いていた窓から逃がしてしまった・・・というものでした。

このお話のイメージから、十姉妹って手乗り鳥じゃないんだ。と思っていました。

確かにペットショップでもインコには「手乗りインコ」「べた慣れです」のような表記がありますが、カナリアや十姉妹にはそのような物はありません。

ちなみにここで言う「手乗り」とは「人に懐く」という意味です。手乗りの奥深さについてはコチラの記事をご参照ください。

そもそも、手乗りになる「インコ」と、ならない「カナリア」「十姉妹」は一体何が違うのでしょうか。

ちょっと調べてみたら意外と簡単な理由でした。

では、手乗りになる鳥、ならない鳥って一体何が違うの?イッテミヨー!

人がさし餌をすれば手乗りになる

手乗りになるかならないか、その理由は鳥の種類による違いではありませんでした。

まず最も大きな理由は、さし餌です。

基本的に雛のうちに人がさし餌を与えて育てれば、どんな鳥も手乗りに仕上げることができるらしいのです。
オカメインコのさし餌

本来、鳥の雛は自分で餌が食べられる様になるまでは、親鳥に給餌してもらいます。それを人間の手で行うことで、雛が人間を親のように認識し、人に懐くようになる訳ですね。

これはどの鳥種でも同じことで、カナリアや十姉妹も雛のうちにそのように育てれば手乗りになるそうです。

ではなぜ、手乗りカナリア、手乗り十姉妹って一般的ではないのでしょうか。

それは、さし餌が難しく手間がかかる為です。

くちばしの形状や大きさからして、スポイトの様なもので適切に与えなければならないらしく、カナリアや十姉妹のさし餌はインコよりも手間が掛かるそうです。

フィンチ類はインコより懐きにくい?!

それともう一つの理由ですが、ここでは鳥種の違いがちょっと関係してきます。

カナリアも十姉妹もスズメ目の鳥で、いわゆる「フィンチ」というやつです。

インコはオウム目インコ科です。

インコは仮にさし餌をしなくても、一人餌になった後の比較的幼く若い段階で適切に接していれば手乗りになるのですが、フィンチ類はそれが難しいらしいのです。

フィンチ類は幼少期における社会化(学習)の期間がインコよりも短いのかもしれない、とのことですが・・・詳しくは分かりませんでした。

つまり、さし餌の期間を逃してしまったらフィンチ類は手乗りにするのが難しいのですが・・・そもそもさし餌をするのも難しい!とくれば、手乗りが市場に出回っていないのも納得です。

文鳥もフィンチですが、文鳥は比較的さし餌が容易で十分手乗りになる為、ここでの「懐きにくいフィンチ」には含まれません。

さし餌をした繁殖者には懐くかもしれませんが、その後販売され他の人の手に渡った時に、同じように懐くかという疑問もあります。

この辺りが、手乗りカナリア・手乗り十姉妹が商品として一般的でない理由なのでしょう。

まとめ

今回は手乗りになる鳥とならない鳥の違いについてのお話でした。

手乗りへの道の基本はやはり「さし餌」だということが分かりました。

人に懐かない印象のカナリアや十姉妹も、実はさし餌をすれば手乗りになるということも分かりました。

さし餌の効力ってすごいんですね。そのおかげ(?)か、我が家のオカメインコの丸くんは、我が家の人間の中でさし餌を与えたシーサンにだけ懐いているんですよ・・・ウフフ。

手乗りカナリアが欲しかったらさし餌をするしかない?!手乗りにするにはさし餌が効果的って知っときんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

2件のフィードバック

  1. zuko より:

    初めまして!
    シーサンのブログ楽しく読ませて頂いてます(^^)
    うちでは、セキセイ二羽、オカメインコ、ボタンインコが居ます(^^)
    とてもかわいすぎる子達ですが、シーサン仰る通りオカメインコは、ストーカー振りが
    半ですよね笑

    うちのオカメインコのメイさんは、私が挿し餌をしましたが、息子にもベタ惚れしてます(^^)
    旦那にも愛想良くしますよ!逆に息子の方が懐いてる感があります。

    お迎えした時から、ずっとそんな感じです。
    挿し餌は私しかしてません!ボタンインコも、セキセイも家族に懐いてます。
    なのでご家族にもぜひ、オカメインコの可愛さが分かってもらえるといいなぁと、
    思いましたよ(^^)

    またコメントしますねー(^^)

    • シーサン より:

      zuko 様

      コメントありがとうございます!

      我が家のオカメインコの丸くんですが、段々と他の家族にも寄っていくようになってきました♪
      心が成長してきたんですかね・・・きっと以前はまだ赤ちゃん過ぎて、お母さんにしか心を許せていなかったのが、「こいつも適当に可愛がってくれるし、まぁいいか♪」と考えられるようになってきたみたいです(笑)

      鳥のメンタルの成長って、人間の子供に近い部分があって面白いですね。こんな小さい体で本当に頭が良いんだなぁと感心してしまいます。

      今後ともお気軽に、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です