オカメインコのルチノーは体が弱いって本当?

オカメインコ

オカメインコのルチノーは虚弱な個体が多いのか

我が家でオカメインコをお迎えしようと検討していた頃のこと。

おばあちゃんが昔オカメインコのルチノーを飼っていたのを幼少の頃に見ていたシーサンは、ノーマルのオカメはグレーだということも知らなかったので、「オカメと言えばルチノー」を想像していました。

あーオカメインコね。いいね、可愛いよね。クリーム色でほっぺが赤くて・・・って、オカメインコのビギナー向け飼育本をパラパラとめくってみてビックリ。

え?灰色じゃん。

ノーマルって灰色なの??

と、ちょっと衝撃でした・・・まぁ、自分が無知だっただけなんですが。

で、オカメインコが欲しいと言い出した家族第一号のダンナ様と、何色のオカメインコにしようかという話し合いをしました。

シーサン的には「オカメといえばルチノー」だったので、ルチノーが可愛い、やっぱルチノーでしょ。とルチノーに一票。

対するダンナ様は「やっぱ飼うならノーマルだろ」とノーマルに一票。

え?ノーマル?だってノーマルって灰色だよ?!と主張したところ、ダンナ様が、

「ちょっとオカメインコのこと調べたら、ルチノーは体が弱いって書いてあった。病気になって余計な金がかかるのもイヤやし。」と。

なぜか飼育後の病院代を物凄く気にするインコ初心者のダンナ(←あ、ついに「様」が消えたね)が、どこかで付けてきた浅知恵でノーマルオカメを激推し。

結局ノーマルオカメをお迎えすることになりました。(飼い始めたら灰色のオカメって普通に可愛く見えるから不思議)

で、結局この「ルチノーは体が弱い」って本当なの?病気になりやすいとか、本当なの??

色々と独自(?)の調査を行った結果の、個人的結論を紹介したいと思います。

「ルチノーだから弱い」はない

主文後回しで結論から申し上げますと、

ルチノーだから虚弱ということはないです。

ないんです。ありません。

ノーマルに比べて病気になりやすいということもありません。

病気になりやすい、なりにくいは、はっきり言って個体の免疫力だったり育雛環境だったり飼育環境だったりに左右されます。ルチノーだからということはありません。

じゃあどうして「ルチノーは弱い」って情報が少なからずあるのでしょうか。

ここからは個人的に調べた事柄を踏まえての、まったくの個人的見解になりますが・・・

そもそも「ルチノー」って、ノーマル品種の突然変異体なんです。

野生のオカメインコの生息地はオーストラリアですが、野生の中にはグレーのノーマルオカメしかいません。

野生下で、突然変異でルチノーが生まれてくることもあると思いますが、そういう種はまず生き残れません。野生下では、他とは違う突然変異体が、生存して種として確立されるというのは極めて稀です。

それはなぜか?生存していくのに環境が厳しすぎるからです。

第一に色が違うことにより外敵に狙われやすくなります。また色素の薄い突然変異体は日差しに当たりすぎると良くないとか、色々な環境因子に左右されます。

ただしこれは野生下での話です。

人の手による繁殖でオカメインコのルチノーが誕生したのは1950年代だそうです。

誕生当初はもしかしたら弱かったかもしれませんが、それから60年以上も繁殖の歴史を経ていますから、もはやルチノーは突然変異体ではなく「種」として確立されていると考えられます。

こんな背景があって、遺伝的に弱いという情報が恐らく広まったのではないかと思いますが、もはや「ルチノーだから弱い」はありません、と言えるでしょう。

ただし・・・

「ルチノーはパニックを起こしやすい」はもしかしたらあるんです。

オカメインコはご存知の通り、オカメパニックを起こします。

ご存知の通り・・・って、知らねーよという方にはコチラの記事をオススメします。

一番オカメパニックを起こしやすいのは、地震ですかね、やはり。

とある鳥専門の獣医さんのブログで拝見したのですが、ちょっと大きな地震があると、パニックを起こして暴れてケガをしてしまったというオカメインコの受診数が増えるそうです。

その受診にくるオカメインコの中で圧倒的に多いのがルチノーだそうです。

これね、誤解してほしくないのは、ルチノーは人気品種なので飼育数も多いです。一概にルチノーだけがパニック起こしてケガしてるって訳ではないと思いますよ。

でも、パニック起こしてケガして受診するのは圧倒的にルチノーが多い、と。

オカメパニックはそもそも異常事態が発生した時に、すぐに飛んでその場から離れるという本能的行動によるものです。

もしかしたら、元々外敵に狙われやすい突然変異体であるルチノーは、そういった危険回避の為の行動が、他の種よりも強く表れる傾向があるのかもしれません。

もしかしたら、ですよ。

まとめ

今回はオカメインコのルチノーは体が弱いって本当か?というお話でした。

結論としては、ルチノーだから弱いは全くありません。

もしかしたらオカメパニックは起こしやすいのかもしれませんが・・・。

頭がおハゲな個体も多かったりと、人気品種ゆえの悩みも抱えているルチノーちゃんでした。

ハゲてもビビりでもやっぱりルチノーはかわいい!溢れんばかりの愛情で包んであげんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です