インコが寝る前にゴニョゴニョしゃべるのはなぜ?

ケージカバー1

ケージカバーを掛けた後におしゃべりし始めるインコ達

我が家にはセキセイ、ウロコ、オカメインコの3羽3種類がおりまして、基本どの子も「おしゃべり」をします。

ウロコインコのチャイは「チャイ」「チャイちゃん」と自分の名前を言います。その他にもゴニョゴニョ何か言ってる時がありますが、いまいち聞き取れません。

オカメインコの丸は未だ発展途上の練習中といった感じで、音程の外れた口笛のような歌を歌ったり、自分の名前よりも隣人(鳥)の名前を先に覚えてしまって、「チャイちゃん」と喋ったりしています。

一番おしゃべり上手なのはセキセイインコのレイちゃんです。ブツブツと意味不明な長文をしきりに話していたり、「それいけカープ」を歌ったりもします。

そんなお喋りインコ達ですが、我が家では就寝時にはケージカバーを掛けて暗くしてあげています。

で、カバーを掛けたあと、しばらくゴニョゴニョ~ブツブツ~ピーチクパーチク・・・と、小声で何やら喋り続けることが多いんですよね。

ケージカバーを掛けて真っ暗な状態になってから、ゴニョゴニョ始まることが殆どで、「喋ってないでさっさと寝なさいよ」と思ってしまうのですが、これって一体なぜなんでしょう?

そんな素朴な疑問をずっと心に抱いていたのですが、先日読んだ本にその答えが書いてあったので紹介します。

寝る前に言葉の練習をしているインコ

我が家のインコに限らず、人間の言葉を話すインコが寝入り際にゴニョゴニョとおしゃべりすることは、よくあるみたいなんです。

寝言?とも思いましたが、寝言とはまた違うらしいです。

インコも眠っている時は人間同様夢を見て、寝言を言う事はあるんですが、この寝入り際のおしゃべりは寝言とは違って、実は言葉の練習をしているらしいんですね。

「喃語(なんご)」って聞いたことありますか?

人間の赤ちゃんが言葉を覚える前段階に、「アーアーダーダー」といった声を発する、あれです。

声帯の使い方や、発生される音を学習するために喃語を発しているそうで、要は言葉の練習です。

おしゃべりをするインコ達が寝る前に発しているのも、この喃語なんです。

日中に聞いた音を記憶して、思い出しながら練習し、微調整を繰り返して習得していきます。

そもそもインコが人間の言葉を覚える理由は、実に様々な要因が折り重なっていますが、意外と我々人間との共通点が多いんです。詳しくはコチラの記事で紹介しています。

で、なんでインコはわざわざ聞いた言葉(音)を練習して発生する必要があるのかと言うと・・・

インコは「さえずり」をするからです。

「さえずり」とは何ぞや?という方の為に、簡単に説明しますと、

鳥の鳴き声の種類は、大きく「地鳴き」と「さえずり」の二つに分けられます。

「地鳴き」とは、特に練習などしなくても発することのできる生まれ持った鳴き声で、一般的に短い単音からなる鳴き声です。仲間の居場所を確認したり、危険を知らせたりと、基本的に仲間同士の連絡の為の鳴き声です。

一方「さえずり」とは、縄張りの獲得・維持のためだったり、メスへの自己アピールだったりに使用する鳴き声のことなのですが、これは学習によって獲得する必要があります。つまり練習が必要なんです。

「ほら~、僕こんなにキレイな声で鳴けるんだよ。ピーピョロロ♪素敵でしょ?だからお嫁さんになって!」

みたいなもんですかね。

聞いた音を記憶し、練習し、さらに自分でアレンジもします。そんな風にして、磨きをかけていくんですって。

確かに、自分で勝手にアレンジして、途中から変なリズムになったりしてますよ~うちのインコは。

このように、練習が必要なさえずりを、寝入り間際にゴニョゴニョと反復練習しているって訳です。

ケージカバーを掛けた後にゴニョゴニョおしゃべりしていたら、「お、やってるやってる。練習してんだね。」って思ってあげて下さいね。

まとめ

今回は、インコが寝る前にケージカバーの掛かった暗闇の中でゴニョゴニョおしゃべりするのはなぜか?というお話でした。

インコは聞いて覚えた言葉の練習をしていたんですね。

ちなみに今回参考にした本というのは「インコの謎」という本です。

図書館で見つけて借りた本ですが、インコの優れた能力や、インコって人間と結構似てるんですよといったお話がとても面白かったです。

おしゃべり上手のインコも一生懸命練習しているよ!感心してあげんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

6件のフィードバック

  1. yuhwa より:

    そうだったんですね!
    うちのセキセイの長男は
    とにかくおしゃべり好きで
    寝るとき暗くしてからは
    より一層おしゃべりです(笑)
    自作の歌を歌ったり
    隣にいる次男の名前から末っ子の
    名前を一通り叫ぶように呼んでから
    おしゃべり始めます(笑)
    叫ばんでも…(笑)

    • シーサン より:

      yuhwa 様

      コメントありがとうございます!
      自作の歌、歌いますよねー(笑)
      名前を一通り叫ぶんですね!「お前たち、よく聞け!」ってことなんでしょうか。
      わが家のセキセイは息子の名前を怒り口調で叫びます・・・私が言ってるのを覚えてしまって(*´Д`)

      • yuhwa より:

        あ!なるほど!!
        お前たち!よく聞け!
        それかもしれません(笑)
        三男、四男はジャンボで体も大きく
        特に三男は長男大好きなので
        長男に向かって飛んで行くんですが
        そこで毎度軽い交通事故になり(笑)
        サランは威厳を保ってるのかも?です(笑)
        まぁ、これはあくまで勝手な私の
        考えと言う名の妄想ですが(笑)
        いつもブログ参考にさせていただいてます^ ^

        • シーサン より:

          yuhwa 様

          インコもそれぞれ個性があって、本当に面白いですね。
          おしゃべりも、もしかして意味を理解して言ってるのか!?と思うことがたまにあります。
          参考にして頂けてとても嬉しいです。今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m

  2. ゆぽどん より:

    シーサン、はじめまして。
    ウロコインコの手作りおもちゃの作り方を探し
    ていて、
    こちらのブログを知りました。
    うちも、レイちゃんと同じ青いセキセイ(4歳オス)に加え、
    この夏にはじめてウロコインコをお迎えして、
    2羽飼いのインコライフ送っております。
    ついでに、同じ広島住みの方で勝手に親近感感じております(^^;

    我が家のセキセイも、子供の名前や、「カープ~、ひろし~‼️」(←ひろっしま❗となかなか言えない)(笑) などなど色々おしゃべりする子で、やはり、夜に籠カバーかけた後でもゴニョゴニョずっと反芻しています。。
    ウロコちゃんのほうも、いま4ヶ月のこどもインコですが、一生懸命「ギーチャン!」と何かしゃべろうとしている様子です。
    「ヂャイヂャン」と同じく、「ギーヂャン」になってますけど・・ そこもまた可愛いです(笑;)。
    もう暗くしてても呟いてるのは、日中に聞いたり覚えた言葉を繰り返し練習していたんですね・・

    こちらのブログ記事で、今まで色々小さな疑問だった事なども書かれていて、興味深いですし、
    飼育本よりもわかりやすく、本当に色々参考にさせて頂いてます。
    100均材料オモチャも、いま子供と製作中です。
    長文書き込み、申し訳ありませんでした。
    またブログ寄らせて頂きますね。

    • シーサン より:

      ゆぽどん 様

      コメントありがとうございます!
      セキセイ&ウロコ飼いさんなんですね!ブログを参考にして頂けたとの事で大変うれしく思います。
      「カープ、ひろし~」は想像がついて笑ってしまいました。我が家でも「ひろカープ」って勝手に略されますし(;´Д`)
      広島在住・・・ではないのですが、広島には縁があるのでこれからも頑張って応援歌教えていきたいと思ってます(笑)
      ウロコはアスレチック系の動きがとても面白く、おもちゃも作り甲斐があると思います。
      今後ともよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です