インコは意外とトコトコ床を歩いて移動する動物

歩くオカメインコ

鳥なのに歩いて移動は変?

インコを飼っていると、何気ないことにふと気が付くことがあります。

インコって鳥なのに、床をトコトコ歩くのが結構好きみたい。

好き・・・なのかどうかは分かりませんが、室内を放鳥させていると床をとっとこトコトコ歩いて遊んでいたり、飼い主についてきたりします。

そのトコトコ歩く様がこれまた可愛らしいのですが、なんとなく鳥って飛んでいるイメージがありますよね。

その「鳥=飛ぶ」というイメージのために、飼っている飼い主ですら、インコが床に居たことにビックリすることがよくあります。

これ、結構危険なんですよね。気づかずに移動していて、踏んでしまいますから・・・。現実に、インコの事故で圧死は上位にランクインするくらい多く起きています。

どうしてインコは飛ばずに歩いて移動するのか?

その理由を知って、放鳥時の事故防止の意識に繋がればと思い、紹介します。

インコは人間と同じ二足歩行の動物

なぜインコは飛べるのに、飛ばずに床を歩いて移動するのか?

先日、放鳥中に掃除機をかけていたら、オカメインコの丸くんがトコトコと掃除機の後をついてきていました。

え?さっきまでカーテンテールの上にいたのに・・・いつの間に。

危ない危ない。気づかずにグイっと掃除機を移動させようものなら危険です。インコって飼い主が使っている道具は危険じゃないと判断する傾向があります。掃除機掛けてるんだからそんな所にいたら危ないでしょ~は、人間目線なのでインコには通用しませんね。

大体放鳥中にそのような危ない行為(=掃除機掛け)はしてはいけません・・・反省反省。

でもね、そのような行為が放鳥中のインコにとって危険かどうかって、普段気にしてなければ思いもしません。

危なかったら飛んで逃げるだろう、鳥なんだから。って思ってしまいますよね。

でも、先ほども言ったように、飼い主が扱っている機械や道具は危険じゃないとインコは思いがちです。

なぜかと言うと、飼い主はインコにとって「仲間」ですから、その仲間が使ってる物なんだから安全だって思うらしいんです。

こんな風にトコトコ歩いて掃除機についてくることもあるインコですが、今回そんな習性について参考になったオススメの本はコチラ。

「インコの謎」という本です。

この本、書いてある内容も分かりやすくて面白かったです。その中に「インコは結構歩いて移動する」といった内容のものがありました。

人間の頭の中には「鳥って飛ぶもの」という意識があります。まぁ、そうは言ってもニワトリは飛びませんが。

その翼は飛ぶためについてるんでしょ~って思いますが、実は鳥も人間と同じ「二足歩行」の動物です。

よく考えてみたら、そりゃそうだ。足が二本だしね。だから、トコトコ歩くことは鳥にとっては当たり前らしいんです。

じゃあ、鳥にとって「飛ぶ」というのは一体どんなことなのか?

当然ですが、飛ぶことにはかなりのエネルギーを要します。歩くことの比じゃないです。

つまり、いくら飛べるからって、飛ぶと普通に疲れるんです。

人間だって、走れるけど移動するのにいつも走らないですよね、疲れるから。

また、無駄にエネルギーを消費しないように、安全な環境ではあまり飛ばずにのんびりしたり寝たりする、という説もあるそうです。

特に室内飼いのインコは安全が確保された環境にいるので、より一層心を許して危機感なく行動しているかもしれません。

こんな感じで、インコにとっては床を歩いて移動するのは当たり前なので、いつでも飛んでくると思わないでください。

もしかしたら床にいるかも。

もしかしたら、歩いてついてきてるかも。

放鳥中は、踏んでしまわないように注意したいですね。

まとめ

今回は、インコは人間が思っている以上に歩いて移動するというお話でした。

あんなに小さな体のインコが、思いがけずに背後の床面をついてきたりすると、本当に危険です。

気にせず踏み出した一歩が命取りになることもあるので、意外と床にいるもんだと思って、放鳥中の行動には注意しましょう。

鳥だから飛ぶなんて決めつけないで!トコトコ歩くのも好きだよって知っときんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

2件のフィードバック

  1. fukutowa より:

    シーサンさんこんばんは。

    私も5才になるコザクラインコを事故で亡くした経験があります。
    完全に私の不注意でした。
    悲しみの中細川博昭さんの本を読んでいると、
    『放鳥中の事故は信頼と油断からおきている』と書かれていて大泣きしました。
    愛鳥がまさかそんな所にいると思っていない。
    飼い主がまさかそんな事すると思っていない。
    お互いにそう思っているんですよね。

    ながら放鳥は本当に危険ですよね。
    お互いに気を付けましょうね。

    • シーサン より:

      fukutowa 様

      私も幼少の頃にセキセイインコを事故で亡くしています。
      もう少し気を付けていれば防げたのに、という自責と後悔の念が未だに心にあります。
      小さな体のインコ達ですから、放鳥中の行動には十分注意したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です