あなたはシード派ペレット派?インコの餌(主食)について

ウロコインコの餌

インコの餌(主食)について

インコの餌(主食)は大きく分けて2種類です。

・シード餌:粟、キビ、麦など色々なシードが配合されたもの
・ペレット:鳥さんに必要な栄養素が配合された、バランス栄養フード。ドライタイプのドッグフードのようなもの。

シードもペレットも、セキセイインコ用、オカメインコ用、ウロコインコ用…と、個体によって栄養素の配合が分かれていたり、ダイエット用とか、老鳥用なんかもあったりします。

シードもペレットも、それぞれメリットデメリットがあって、どちらを与えるかは飼い主さん次第。

シーサンはシード派なので、ちょっとシード寄りな内容になってしまいますが、(ペレット派の方スイマセン)簡単に双方について説明してみたいと思います。あくまで参考程度にして下さい。

シードについて

味がペレットより美味しいと感じる鳥さんも多いとの話を聞くシード餌。

皮付き餌、ムキ餌とあり、ムキ餌は皮が剥かれているので散らからないけれど、鮮度がやや落ちた、いわゆる死んだ餌だとか。

一方皮付きは、剥いた後の皮が散らかり、餌箱にまだ餌が入っていると思っていたら皮ばかりだったという事もあるけれど、剥きたて新鮮な餌です。

鳥さんも、ポリポリと自分で皮を剥くのを楽しみながら食べる、と言われています。皮を剥く作業が鳥さんのストレス解消にもなるみたい。

実際食べている所を観察していると、感心する程器用に剥くものです。

価格の面でも、ペレットに比べれば安いです。

色々な種類のシードが配合されていて、味が単一なペレットに比べて様々な味が楽しめる為、飽きずに美味しく食べられる(・・・らしい。鳥さんに聞いたわけではないですが)

ちなみにこちらは我が家のウロコインコ用シード
ウロコインコの餌
(玄アワ、玄赤アワ、玄キビ、玄赤キビ、玄ヒエ、カナリーシード、小麦、玄燕麦、玄蕎麦、サフラワー、ニガシード)

我が家のセキセイインコ用シードはこちら
セキセイの餌
(玄赤ヒエ、玄赤アワ、玄赤キビ、カナリーシード)

デメリットは、先に述べたように皮が散らかることや、鳥さんが選り好みをしてしまうと偏った種類のシードだけ食べてしまい、栄養バランスが偏ってしまうことでしょうか。

シード餌だけでは必要な栄養素が採れない為、副食として、牡蠣殻、カトルボーン、塩土、青菜等を与えて補ってあげる必要があります。

ペレットについて

鳥さんに必要な栄養素が配合された、新世代のバランス栄養フード。もはや新世代でもなく、当たり前⁈

シード食にありがちな栄養の偏りがなく、これさえ食べていればバッチリ栄養取れます!という便利な餌です。

実際、病院で獣医さんに勧められることも多い(らしい)。

シード餌の様に副食を与える必要もありません。

デメリットは、シードに比べてお値段が高いこと。

また、鳥さんによっては、餌を飲み水の箱にポトンと落として遊び出したりするので、ペレットだとすぐ水が濁ってしまう等の意見が。

シードの方が食べる楽しみがあり美味しいと感じる鳥さんもいる為、シードからペレットに切り替えようとすると食べてくれなかったりすることもあります。

まとめ

シードもペレットも、良い所もあればそうで無い所もあり、どちらを選択するかは飼い主さん次第です。

個人的な考えとしては、どうしてもペレットは人工的な感じが否めず、栄養バランスバッチリだからって、カロリーメイトばっか食べてたら幸せなのだろうか、と。

お値段も高いし…。

自然に生きている鳥たちは、ペレットは食べないし。

そんなわけで、シーサンはシード派です。子供の頃に飼ってたセキセイインコも、シード食でかなり長生きしてましたから。

但し、これはあくまでも個人の考えです。皆さんの飼育スタイルや、鳥さんの健康状態などによって、選んでくださいね。

あくまで参考程度に読みんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です