インコ好きの心をつかむおしゃべりおもちゃ ラングスキューティバード

キューティーバード1

おしゃべりするカワイイ小鳥のおもちゃ

我が家の娘は大のインコ好きです。

インコ好きの娘のいる我が家では、自然とインコグッズが増えていきます。
なぜならば、周囲の人間が「この子はインコが好き」と知っているので、よく小鳥グッズをプレゼントされるからです。

親や祖父母などの親戚からもらうのは分かりますが、なぜかクラスメイトからもらってくることもしばしば。
小鳥関係の物がおまけに付いていたガチャガチャで出てきた等の理由で、「ワタシは別にインコ好きじゃないから、アナタにあげる!」と回ってくるそうです。
(しかも、人の家で飼っているインコの写真までもらってきたことがある、我が娘・・・)

前に「インコのノート」紹介の記事でも書きましたが、インコ好きであることを公言しておくと、何かと良いことがあります。

さて今回は、そんな娘が祖母からもらった、おしゃべりする小鳥のおもちゃを紹介します。

どんなおもちゃかな?それではイッテミヨー!

ラングスキューティバード

娘がおばあちゃんからもらった、おしゃべりする小鳥のおもちゃとは、こちらです。
キューティーバード1

もう我が家には外箱等が残っておらす、今回、画像で商品の名前を検索したら、「ラングスキューティバード」という商品でした。

サイズは手のひらサイズ。
質感は、プラスチックバリバリではなく、ベルベットのような肌触りです。

単4電池2本使用で、スイッチを入れると勝手に歌ったり、しゃべったりします。
キューティーバード2
おしり部分が電池入れ、お腹にスイッチ、胸にスピーカーがあります。

このおもちゃ、とっても張りのある声でさえずったり、おしゃべりしたりするのですが、海外の製品のようでバリバリの英語です。
(あまりにも普通に「ヘーイ、グッドルッキン(Hey! Good lookin’)!!(やあ!そこのイケメンさん!)」なんておしゃべりし出すので、ちょっと拍子抜けしてしまいます。)

しゃべるときに、くちばしがカタカタと動く様がなかなかカワイイです。

このおもちゃは一応、自立します。
キューティーバード3
ちょっと片足浮いてますが・・・
また、おでこの星マークデザインが、なんとも海外製品って感じですね。

このおもちゃは、内蔵された数種類の鳴き声とメロディー以外に、こちらが発する声や音を録音して話すことができます。
のどの所にあるボタンを押しながら録音して、ボタンを離すと録音した声がちょっとボイスチェンジャー気味で流れます。

この機能に食いついた子供は、決まっておかしな言葉を録音しては爆笑するという、お決まりのパターンに陥るのですが。

ただし、録音できる時間は10秒ほどで、一つしか覚えられません。
次の言葉を録音すると、前の言葉は消えてしまいます。

スイッチを入れたまま放っておくと、たまに勝手にしゃべりますが、背中にタッチセンサーがついているようで、
キューティーバード4
背中をなでるとしゃべり出します。

このおもちゃ、デザインやカラーが色々あるみたいです。

あれ?そういえば、さっきの足が写っている写真・・・
キューティーバード2

足の形に注目です。前に3本、後ろに1本ですね。
これは三前趾足(さんぜんしそく)といって、スズメや文鳥などと同じ形です。

ちなみにインコは前に2本後ろに2本の対趾足(たいしそく)です。
ということは、この子はインコではないのか!

インコのおもちゃではなく「(謎の)小鳥のおもちゃ」の紹介でした!

まとめ

今回は、おしゃべりする小鳥のおもちゃ「ラングスキューティバード」の紹介でした。

最近、この手のおしゃべりペット的なおもちゃは結構多いですが、事情があって小鳥が飼えない!けど小鳥が好き!という方にはもってこいの商品だと思います。

机の片隅に置いておいて、勉強の間にさえずってもらうも良し、色んな言葉を覚えさせて遊ぶも良し。
小鳥との生活って、こんな感じかしら・・・と想像して遊んでください。

インコを飼っている人もいない人も、楽しいインコライフを送りんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です