セキセイインコの性別の見分け方は?オスかメスかはここを見よう!!

レイちゃん横顔

セキセイインコの性別は、鼻を見れば分かる

セキセイインコを飼うにあたり、性別の希望がある方もない方もいると思いますが、自分の飼っている鳥がオスメスどちらなのかくらいは、普通は気になりますよね。

外見では性別の判断がつきにくい小鳥は多いですが、セキセイインコは比較的わかりやすいです。
セキセイインコは外見に性別の違いが表れます。

外見のどこを見れば性別が分かる?

見るべきポイントは、です。

この「鼻」ですが、正しくは「ろう膜」といいます。
基本的に、このろう膜が、

・青=オス
・白っぽいピンク~茶褐色=メス

となります。

我が家のレイちゃんに見せてもらいましょう。
レイちゃん
呼んだ?

一目瞭然ですね。男の子です。

ただ、このろう膜の色が性別によって変わるのは、ある程度成長してからなので、雛のうちは分かりにくいです。
分かるようになるのは、生後4~6ヶ月ほどでしょうか・・・
従って、必ずどちらかの性別が欲しい!と希望があるなら、生後半年ほどのセキセイさんをお迎えした方がよいです。

雛のうちは、基本的に性別の見分けが付きにくいですが、ピンク色が強い子はオスの可能性が高いらしいです。

参考までに、レイちゃんの雛の時の写真を見てみると、
雛のレイ
う~~ん・・・薄いピンクですね。分かり難いです。

それと、ノーマル種のセキセイさんは、オスが青、メスが白ピンク~茶ですが、色素の薄い種のセキセイさん(ルチノー、アルビノ、ハルクインなど)はこれと異なり、判別が難しい傾向があります。ルチノー、アルビノ、ハルクインなどは、

・ろう膜全体がピンク一色=オスの可能性大
・白~薄い水色=メスの可能性

らしいです。
あいにく、この目で確かめたことがないので、わかりませんが・・・

行動の違いで性別は分かる?

レイの後ろ姿
ろう膜の色以外で分かりやすいのは、発情期の行動です。
発情期に入る頃には、ろう膜の色の変化は既に出ているので、分かるとは思いますが・・・
よく言われているのは、

・オス=吐き戻しをする、お尻を振りながらこすり付ける
・メス=お尻を持ち上げる

です。

これらの行動は、オスとメスの求愛と交尾の行動です。

我が家のレイちゃんはオスなので、頭の上でしょっちゅうお尻フリフリしてます。吐き戻しはたまーに。

多少固体差はあると思いますので、参考までに知っておく程度で良いと思います。

まとめ

セキセイインコの性別の違いは、生後半年ほどで、ろう膜と呼ばれる鼻の部分の色に表れます。

基本は「オス=青、メス=白ピンク~茶」ですが、そうではない種もいます。

また、雛のうちは性別は分かり難いので、希望の性別がはっきりある人は、成長からお迎えしましょう。

オスでもメスでも、どちらもかわいいセキセイインコライフを楽しみんチャイ!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です