オカメインコを飼ったら深夜の地震には要注意!!

オカメインコ

オカメインコにつきものの「オカメパニック」

「オカメパニック」って聞いたことありますか?

オカメパニックとは、オカメインコがパニックを起こしてバタバタと暴れることを指した通称です。

元々インコは外の世界では捕食される側の動物なので警戒心がとても強く、物音などのちょっとの変化にとても敏感に反応して、サッとその場から飛んで逃げようとします。

本来は危険回避の行動なのですが、それを飼い鳥は狭いケージの中でやってしまう為に、ケージにぶつかりまくってバタバタと暴れてしまうんですね。

止まり木やケージ内の備品にぶつかって、ひどい時にはケガをしてしまうこともあります。

オカメインコ以外でもこのパニック行動はするのですが、オカメインコは他のインコ達に比べて特に小心者でビビり屋さんな為、「オカメパニック」なんて通称がつくほどパニックを起こす頻度が高いのです。

オカメパニックについてはコチラの記事で詳しく紹介しています。

多少の個体差はあるかと思いますが、どんな時にこのオカメパニックを起こしやすいかというと、代表的なのは地震です。

オカメインコを飼ったら、小さな地震にもいちいち反応しなければいけない生活になります。

という訳で今回は、オカメパニックと地震についてのお話です。

深夜の地震には要注意

オカメインコは地震が起こると高確率でパニックをおこして暴れます。

住環境や個体差もあると思いますが、我が家ではパニックを起こすかどうかの境目は大体震度2程度です。

昼間の震度2はパニクらないこともありますが、深夜の震度2は高確率でパニクります。ちなみにブリーダーさんのところでは震度1でもパニクると言ってました。

昼間なら明るくて周りも見えますが、夜はケージカバーを掛けていて真っ暗だから、どうしてもパニクりやすいんでしょう。

我が家でオカメインコの丸くんに掛けているのはコチラのカバー。

 

オカメパニックを起こしたら、そっとケージカバーを開けて、優しく声を掛けてなだめたりします。暴れるのを止めるまで落ち着かせてあげなきゃいけません。


「・・・大丈夫だよ。落ち着いてね~。」って。

つまり深夜にオカメパニックを起こされると、飼い主はぐっすり眠っていた状態から起き上がって、パニクるオカメちゃんをなだめに行かなきゃいけなくなるって訳です。

地震大国の日本において、震度2程度の地震は日常茶飯事です。寝ている間だったら、気づかず目が覚めないって人も多いと思います。

でも、オカメインコは真っ暗な深夜の、寝ている間のわずかな揺れには反応して暴れ出します。

過去に我が家のオカメインコの丸くんがパニックを起こして暴れ出した時に、ちょっと経ったら勝手に落ち着いて自己解決してくれないかな~と様子を見たことがありますが・・・ダメでした。仕方なくケージカバーを開けに行きました。

ぐっすり気持ちよく寝ている時に、起こされて何か行動しなきゃいけないのってめちゃくちゃ辛くないですか?わたくしシーサンは大嫌いです。

しかも我が家の場合、就寝時はインコ達は1階、飼い主は2階なので、起きて降りて行かなきゃいけないんですね~。

ならば寝る時は同じ部屋にインコを連れて行けば良いのでしょうが・・・夜中のオカメパニック頻度を考えると、そこまでではないのでついつい放置してしまっています。

ちなみに我が家ではセキセイ、ウロコ、オカメインコと3羽のケージが並んだ状態ですが、毎度の地震でパニクるのはオカメインコだけです。セキセイインコはたまにつられて暴れることがありますが、ウロコインコに至ってはまったくの無反応。しれーっとしています。

こんな感じで、オカメインコを飼ったら夜中の小さい地震にもいちいち対応してあげなきゃいけなくなります。

ちょっと面倒だけど、そんなビビりな性格も愛らしい、憎めないやつなんです。

まとめ

今回はオカメインコのパニックと、深夜の地震についてのお話でした。

オカメインコは小さな地震でもパニックを起こして暴れやすく、それなりのケアをしてあげる必要があります。

普段のオカメパニック対策としては、ケージのレイアウトをオカメ仕様に工夫するということがあります。「オカメパニックについて」の記事でレイアウトについても紹介しているので参考にしてください。

小さな地震にもついパニクっちゃうオカメインコはビビりだけど愛嬌たっぷり!オカメパニックってこんなもんだって知っときんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

2件のフィードバック

  1. 道子さん より:

    いつも楽しくそしてお勉強になる記事をありがとうございます😊

    私の家は線路脇にあって、しかも駅がすぐ目の前。さらに踏切もあるという、騒音ガンガン、振動ガタガタのマンションなので、日向ぼっこにベランダに出ても、何も聞こえないかの如くシラーッとしているオカメさんです。

    日常になっているので、そこは大丈夫みたいですが、ハエがゲージに入ったときにすごいパニックを起こして、呼吸がガーガーいってたのを見たときには、こっちがパニックを起こしそうでした😓

    • シーサン より:

      道子さん 様

      コメントありがとうございます!
      電車の音には微動だにしない、一見根性の座ったオカメさんが、たかがハエにビビってパニクっている姿を想像して笑ってしまいました。
      本当にオカメインコって、そういう所が魅力的なんですけどね・・・笑える可愛さというか何というか。
      うちのもこの間、ケージの網の隙間に尾羽の先がちょっと引っかかっただけでピーピーギャーギャー騒いでました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です