お土産に!ホーチミンで見つけた鳥グッズ -ベトナム-

旅先で出会った鳥グッズ

突然ですが、シーサンは鳥が好きです。え?そんなこと言わなくても分かるって?

外出先で鳥がデザインされたグッズを見かけると、テンションが上がってしまうのが鳥好きの悲しい性。

そんな鳥好きは、旅先でもついつい鳥に会える場所や鳥グッズを探してしまいがちです。

さて、そんな自他ともに鳥好きと認めるシーサンですが、先月ベトナムに行ってきました。

タイトなスケジュールの弾丸旅行でして、あまりのんびりと観光できなかったのですが・・・不思議な鳥同伴カフェを満喫したり。

そんな中、ホーチミンの街中で一応鳥さんデザインのグッズを見つけてきました。

捉えようによってはベトナムらしい鳥グッズなんじゃないかなぁ・・・

ベトナムに行ったら、もしかしたらこんな物があるのね~程度に見て頂ければと思います。

飼料袋を再利用したバッグとポーチ

「捉えようによってはベトナムらしい鳥グッズ」とは、一体どんなじゃ?!早速見てミヨー!

まずはコチラ。持ち手付きのバッグとポーチ!

と・・・鳥グッズ?!一応鳥は描いてあるけどもさ、カバンの底なんか、豚さんだし・・・。

これを鳥グッズ!として紹介するのは、ちょっとどうなの?!という声が聞こえてきそうな何とも不思議なデザインですが、実はコレ、飼料の袋を再利用して作られているんです。

ま、ここに鳥が描いてあるので、一応鳥グッズってことで(^▽^;)

ハトかな?ポロッポ~

デザインはもちろんこれだけじゃなくて、魚が書いてあったり、アヒルだったり。

飼料袋も見ようによっては絵柄が可愛くて、しかも丈夫だし、このまま捨てるのはもったいない!ということでこんな風にバッグやらポーチやらに再利用されるようになったみたいです。

実際別の物を何度か使っているのですが、これね~、我が家では「丈夫なズタ袋」的な扱いで、結構便利なんです。雨の日の子供の送り迎え時なんか大活躍!

持ち手付きの大きいバッグは、2リットルのペットボトルが4本入るビッグサイズ。丈夫で汚れに強く、何なら水でザバーっと洗えるので、夏の海水浴時の荷物入れにどうかなと思って購入。

中は一応裏地付き。ついでにお値段は120,000ドン。日本円で約600円。やすー

小さいポーチの方は、外側がビニール仕様になっていて、さらに汚れに強い感じ。

コチラも中は裏地付きで、ちょっと中綿?スポンジ?が入ってるのかな?若干クッション性があります。お値段は70,000ドン。日本円で約350円。これまたやすー

ちなみに購入したお店はコチラ。Saigon Kitsch(サイゴン・キッチュ)

有名な「ファニーアイスクリーム」のすぐそばなので、おやつ休憩がてらお店にGO!

そしてベトナム鳥グッズもう1点はコチラ。じゃーん!

スタンド型カレンダーです。

これね、よーく寄って見てみてください。

ペーパークラフトなんですよ。きゃー、細かっ!!

2か月毎に違う鳥さんがコンニチハ。




カワイイでしょ?

カレンダー部分は切込みに差し込まれてるだけなので、簡単に外せます。これは・・・自分で来年のカレンダーを作って差し込んだら、ずっと使えますね(苦笑)。

それにしても、こんな風に紙を小さくクルクル状態にして作るなんて・・・不器用なシーサンだったらすぐにキイィー!って嫌になりそう。でも、ベトナム人には手先の器用な人が多いようで、ビックリするくらいよく出来たペーパークラフトが路上で売られていたり、めっちゃ凄い刺繍があったりするんですね。

ちなみにこのペーパークラフトな鳥さんのカレンダーは500,000ドンでした。日本円で2500円弱。さっきの飼料袋バッグよりはグンとお値段が上がりますが、細かい作りの鳥さんなので、納得の「買い」です。

購入した場所は「サイゴン中央郵便局」。場所はコチラ。

え?郵便局?って思いますよね。

このサイゴン中央郵便局はコロニアル様式の素敵な建物で、ホーチミンでも有名な観光地の一つとなっています。

郵便局と侮るなかれ。中にはお土産屋さんがズラリ。

さっきの鳥さんカレンダーはこの郵便局で見つけました。鳥以外のバージョンも2つほどあったような・・・。でも何だったか忘れた。鳥しか目になかったもんで。

いつも売られてる物かどうかは分かりませんが、皆さんも旅先での鳥グッズ探し、楽しんでみてください。

まとめ

今回はベトナム・ホーチミンで見つけたちょっとした鳥グッズの紹介でした。

いや~やっぱり鳥って、いいもんですね!

シーサンは自分用に購入しましたが、鳥好きさんへのお土産にオススメですよ。

鳥グッズ見つけたらテンションアップ!みんなもバードライフを楽しみんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です