身近な野鳥の雑学を楽しく学べる【トリノトリビア】

鳥の意外な一面をマンガ付きで読んでみよう

突然ですが、雑学は好きですか?シーサンは大好きです。

雑学って、知らなくても生きていけますが、知っていると生活がちょっと楽しくなって、心を豊かにしてくれます。

そんな雑学大好きなワタクシですが、先日本屋さんでこんな本を見つけました。

【トリノトリビア】

 

鳥も好きだしトリビアも好きだし、すぐに食いついちゃいました。

鳥好きって言っても、インコ類が好きなだけで、あんまり野鳥には興味ないんですけど・・・身近なスズメやカラスやハトなんかのネタで結構面白かったので紹介したいと思います。

半分マンガで子供でも楽しく読める

今回読んでみた【トリノトリビア】。本の中に登場する鳥たちは、誰もが知っているような身近な野鳥たちです。

スズメ、ハト、カラス、ウグイス、ツバメ等々。それら親しみある野鳥の習性、特徴、はたまた知られざる驚きの特性が、分かりやすく紹介されています。

見開きの右半分は4コママンガ、左半分が文章による解説という構造になっています。

「ハトは本当は首を振っていない」・・・とかね。ちょっと面白そうでしょ?

またこの4コママンガが結構笑えるんですよ。鳥の表情も味があって。我が家の子供はマンガだけを笑いながら読み進めていました。

主に野鳥の習性について書かれているのですが、やはり同じ鳥だけあって、インコの習性にも似ている項目がいくつかあります。

それにしても、やっぱり鳥さんって頭が良くて、学習能力があって、知れば知るほど面白い動物です。

ちなみに我が家の子供が一番興味を持った内容は、「猛禽ハヤブサはインコに近縁」って内容でしたけどね。文章よりはマンガが面白かったようで(苦笑)。

まとめ

今回は【トリノトリビア】という本の紹介でした。

身近な野鳥のトリビア的小ネタが分かりやすく紹介されていて、とても面白かったです。

子供さんは4コママンガだけでも楽しく読めると思いますよ。

興味があったら本屋さんで中身を確認してみんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です