オカメインコが羽を広げるのはなぜ?翼全開ポーズの意味

よく翼を広げるポーズをするオカメインコ

我が家にはセキセイインコ・ウロコインコ・オカメインコの3種3羽がいます。

どれも「インコ」と一括りに名前がついていますが、それぞれ性格や習性が異なって、それがまた面白いところでもあります。(ちなみにオカメインコは「インコ」と名前がついていますが、本当はオウムの仲間です。)

そんな3種のインコズを眺めていると、オカメインコだけが頻繁にやるポーズがあります。

それが、両方の翼をわーっと広げるポーズ。こんな感じです。

セキセイ、ウロコがやってるところは見たことないんだよなぁ。セキセイインコのレイ(オス)がちょっと脇を広げる程度、いわゆるアジの開き状態ならありますが、こう、翼がパカーッと全開なのは我が家ではオカメだけです。

これって何なんでしょう?気になったので、我が家のオカメインコの丸くんお迎え元のブリーダーさんに、ちょっと聞いてみました。

その時のお話を参考までに紹介致します。

それでは、オカメインコがよくやる翼全開ポーズは一体何?!イッテミヨー!

結論は、鳥に聞かなきゃ分からない?!

ブリーダーさんに聞く前に、ネットでちょっと調べてみたのですが・・・うーむ、正直よく分からない。

「ここは俺のテリトリーだぜ!」と主張しているとか、縄張りアピール的なポーズだという見解はよく見かけましたが・・・果たして本当にそうなのかな??

というのも、普段の様子を観察していると、その翼を広げるポーズをする時って、そんなに縄張りアピールするような状況じゃないんですよね。適度にリラックスしている時にもしているし・・・。

では、この翼パカーッとは一体何をアピールしているんでしょう。

そんな質問をブリーダーさんにしてみたところ、その回答は・・・

「羽のストレッチ」みたいなもん

じゃないかな?

ということでした。

え?それだけ?

はい、それだけ。

いや、だって、色んな人が縄張りアピールだって言ってましたよ。って聞いたら、「まぁ、もしかしたらそれもあるかもしれないですけど、でもその行動をしている時の状況が、そんな感じじゃないですよね。どうも縄張りアピールとは違うと思います。」と。

確かにそんなに威嚇的な時ばかりではないんですよね。

例えば放鳥直前とか、そんな時にも翼を広げたりします。これは確かにストレッチと思えなくもない。

また、止まり木につかまりながら、ぶら下がるように翼を広げている時もあります。

トコトコと移動中に、バランスをとるように翼を広げることもあります。

または交尾の時にも、体勢のバランスを取るために翼を広げるので、それの練習とか・・・ってことも考えられます。

鳥は外敵から身を守るために、とにかくまず飛んで逃げます。

その為、いつでも飛べるように準備しておくことは鳥にとって、とっても大切な事になります。

頻繁に行う羽繕いも、いつでも飛べる状態を保つ為に欠かせない行為なんです。

そう考えると、たまには翼を全開に広げて、ストレッチしておくというのも、一理ある気がします。

また、これは個人的な見解ですが、オカメインコってちょっとどんくさいと言うか、すばしっこいセキセイインコなんかを見てると俊敏さに欠けるというか、そんな感じがします。

ちょっとどんくさい人が平均台を渡るのを想像してみてください。

運動神経のいい、すばしっこい人はトコトコと普通に渡っていくのに対し、ちょっとどんくさい人は両手を広げてバランスをとりながらゆっくり渡りますよね。

オカメインコの場合、翼を広げてバランスを取らないと、よろけてしまいそうな事が日常多いんじゃないかな?!(・・・運動能力衰えたオバハンと一緒にしないでくれ)

もしかしたらですよ。オカメインコは臆病でビビりな性格の為に、他のインコに比べてより一層、いつでも逃げられるように入念に羽のストレッチを行い、また他のインコに比べて動きがちょっとどんくさい為に、手を広げてバランスを取りながら移動しているのかもしれません。

あくまでも想像ですが・・・

結論は「鳥に聞いた訳じゃないから分かりませーーーん」!

まとめ

今回は、オカメインコがよくやる翼を全開に広げるポーズにはどんな意味があるのか、というお話でした。

状況などから判断して色んな可能性が考えられますが、結局は鳥に聞いてみなきゃ分からんねぇ、ということでした。

志村どうぶつ園に出てたハイジなら分かるかも?!鳥にも色んな事情があるって思っときんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です