インコがバードテントに入らない?作る前に布の色と柄をチェック!!

バードテント5

バードテントを作ってみたい?でもその前に・・・

バードテント(バードベッド)って知ってますか?
バードテントとは、中に鳥さんが入って、くつろいだり、寝たりする、三角のテントのような物のことです。

以前、我が家のウロコインコのチャイにバードテントを手作りしました。
作り方はコチラで紹介しています。

とってもカンタンに手作りできるので、ぜひ作ってみて頂きたいのですが、作る前に確認して欲しい事があります。
このバードテントですが、じつは入る鳥と入らない鳥がいます。

確認ポイント第一は、飼っている鳥さんの、野生下での就寝時の習性です。
その鳥が本来の習性として、このようなタイプの寝床に入って就寝するかどうかが、まずポイントとなります。

我が家の鳥は習性的にはクリア!さっそく作ってみよう!
となりましたら、もう一つ、念のため確認しておくことをオススメしたいポイントがあります。

それは、生地の色柄です。

飼い主の好みで選んだその布で作ったバードテント、もしかしたら、インコはビビって入らないかもしれません。

その理由を簡単にご紹介します。
それでは、レッツチェーック!!

以前作って失敗した、布とボタンのおもちゃ

もしかしたら、布にビビってバードテントに入らないかも?と考えた理由の一つに、以前作ったのに遊んでくれなかった布とボタンのおもちゃがあります。

このような物を作って、
布とボタンのおもちゃ

ガジガジ大好きのウロコインコのチャイが遊ぶだろうと、与えてみたところ、全く寄りつかず。
どうやら布がイヤだったようです。

色なのか、ドットの柄が問題なのか、分かりませんが・・・。
畑の鳥避けに、目玉をモチーフにしたものがあったりするから、水玉とかドット系はもしかしたら嫌いなのかしら・・・なんて思ったり。

柄もですが、色選びも重要かもしれません。

というのも、インコは人間には見えていない色が見えているらしいからです。
人間は世界を赤、緑、青の3原色で見ていますが、インコは人間よりも多い4原色で物を見ている、とのこと。

ということは、人間が見ている以上に、物がカラフルに見えているのでしょうか。
とにかく、人間よりは色に対して神経質であると思われます。
詳しくはこちらの記事に書いています。是非ご参照ください。

先ほどの失敗した布とボタンのおもちゃは、濃い紫だったので、それが良くなかったかもしれません。
もっとナチュラルな色の方が、インコには刺激が少ないのかな?

そもそもインコは気が小さいビビりさん

インコはとても小心者で、ちょっとの物音にもビクビク反応したり、新しいものや身の回り変化に対して、とっても警戒心が強い動物です。

ケージの中の物の配置が変わったり、新しいものが急に増えたりすると、警戒して近寄らないこともしばしば。
個体の性格にもよりますが、新しい物には慣れるまでに時間がかかったりします。

バードテントをせっかく作ったのに、全然近寄ってくれない!なんて悲しいことにならないよう、作る前に布をインコに見せて、どういう反応をするかチェックしておいた方が良いと思います。

市販のものも、こちらのような・・・

【三晃商会】バードテント小鳥の三角ベッド【当日発送可】★

ナチュラルなデザインのものを多く見かけるのは、そういう理由からかもしれませんね。

まとめ

今回の内容は、バードテントを作る時の、布の色や柄選びのポイントについてでした。

インコは気が小さく臆病で、なおかつ色を人間以上に見極めます。
その為、バードテントに限らずですが、布のおもちゃや小物をインコに手作りしてあげよう!という時には、作る前にインコさんに布を確認してもらった方が良いですね。

市販の物を購入するときも、選ぶ基準の一つとした方が良いと思います。

インコは結構ビビりだよ!その布、ちょっと見せてみんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です