「オウムのカフェ Freak」で大型インコ・オウムと触れ合い 埼玉県川口市

オウムカフェfreakエントランス

埼玉県川口市戸塚の「オウムのカフェ Freak」へ行ってきた

先日、かねてより行きたいと思っていた鳥カフェに行って参りました。

埼玉県川口市にある「オウムのカフェ Freak」です。場所はコチラ。

こちらの Freakさんは「日本で唯一の大型インコ・オウム専門の鳥カフェ」とのことで、普段なかなかお目にかかれないような大型の鳥さんと触れ合えるという貴重なカフェです。

大型インコ・オウムは飼いたい憧れはあるけれど、実際はなかなか手が出せません・・・。

そんな大型鳥と触れ合えるカフェがあるとは!こりゃー行ってみるっきゃない!

ということで、春休みということもあり、我が家のキッズと、当ブログに度々登場している鳥トモでブログ友達のみっちー&みっちーキッズを引き連れて訪問してまいりました。

みっちーは100均リメイクやセルフリノベーションDIY方面で活躍中のブロガーさんです。
【ノープラン生活】http://noplanlife.blog.jp/

子供6人大人2人の騒々しさは大型鳥以上?!

それでは、「オウムのカフェ Freak」ってこんな所!イッテミヨー!

いざ!「オウムのカフェ Freak」店内へゴー

お店の入口の横では、大きなケージと大きなインコがお出迎え?!
オウムカフェfreakエントランス2
・・・と思ってよく見たら、ぬいぐるみでした。ルリコンゴウインコですかね。それにしてもデカイ。

ぬいぐるみを横目に早速店内へ入ってみましょう。

店内に入ると右手にずらっとケージが並んだスペースがあります。
オウムカフェfreak店内1
オウムカフェfreak店内2

カフェで飲食する際の衛生対策や鳴き声等の防音対策の為、透明な扉でスペースがしっかりと区切られています。

また、このスペース以外にも店内には鳥さんのケージがちらほら。
オウムカフェfreak店内3
オウムカフェfreak店内4
どちらも、アクリルケースで仕切られています。

仕切りは透明なので、カフェでくつろぎながら鳥さんを間近で眺めることができますね。

います、います、白色オウムに
キバタン

オオバタン
オオバタン

ヨウム
ヨウム

オオハナインコのオス
オオハナインコオス

オオハナインコのメス
オオハナインコメス

キビタイボウシインコ
キビタイボウシインコ

ズアカハネナガインコ
ズアカハネナガインコ

そして、我が家のチャイと同じウロコインコまで!
ウロコインコ
ウロコインコ2

色んな種類の鳥さんがいます。

大人は鳥を眺めているだけで満足なのですが、6人の子供達は「お腹が空いたー」とピーチクパーチク。もうね、店内の鳥さんより賑やかでうるさい。

そんな腹ペコキッズの為に食べ物の注文をしましょう。

「オウムのカフェ Freak」のメニューはこんな感じ

Frakさんのメニューはどんなかな?早速見てみましょう。

こちらが食べ物メニュー。
オウムカフェfreakメニュー1

ケーキとドリンク。
オウムカフェfreakメニュー2

そしてお酒と、鳥の触れ合いメニュー。
オウムカフェfreakメニュー3

食べ物メニューの内容としては、コーヒーやお酒を飲みながらちょっとつまもうか・・・という印象ですね。

今回はお腹を空かせたキッズ6人を引き連れての訪問だったので、ピザを注文することに。個人的にはCOEDOビールとソーセージで乾杯!したかったのですが・・・。

注文をして、店内の鳥さんを眺めていると、やってきました待望のピザが!

おいしそー!イタダキマース!!

・・・・・・と、ここでなんとシーサン、痛恨のミス!(ドラクエか)

キッズ6人の喧騒にてんやわんやで、なんとピザの写真を撮り忘れ!!しかも腹ペコキッズの前に提供されたピザはあっという間になくなりました・・・。とほほのほ。

まぁ人間誰しも失敗はあるさ!くよくよせずに、鳥さんとの触れ合いタイムへとレッツゴー!

鳥とのふれあい体験

こちらのカフェ Freakさんでは、店内の鳥さんとのふれあい体験ができます。先ほどのメニューにもあった通り有料です。

「1度に触れ合えるのは最大2名まで」とメニューにはありますが、小さい子供なので3人でもいいですよ、とのこと。「この鳥さんがいい!」という意見が一致したメンツでグループに別れてふれあい体験をしました。

まずは「オオバタン」をチョイスした、子供3人。ふれあいは透明な扉で区切られた仕切りの中に入って行われます。

手を消毒して、オオバタンを腕に乗せる我が家の娘1号。
オオバタンとふれあい
娘1号は小学校高学年ですが、腕に乗せるとこのサイズ!しかもずっしり重い。さすがはオオバタンです。

オオバタンとふれあい2
大人しくてとってもかわいい。

一緒にオオバタンを選んだみっちーキッズたちはまだ小さく、実物を目の前にしたらあまりの大きさにちょっとビビリ気味に。一応肩に乗せはしたものの、「もういい!もういいよ!」と短時間で終了。

次は我が家の息子と娘2号がチョイスした「キバタン」と、それに付き合わされたシーサンです。

まずは息子が腕に乗せてみました。
キバタン
先ほどのオオバタンよりは少しヤンチャな感じですが、それでも大人しく腕に乗ってくれていました。

さすが大型オウムは足ががっしりしてますね。

これを間近に見ていた娘2号、最初はキバタン触りたいと意気込んでいたにも関わらず、土壇場になって大きさにビビって「やっぱり触らない、こわい」と言い出しました。

一人ポツンとたたずむ娘2号をよそに「えー、触らないのー?」とキバタンとの触れ合いを楽しむシーサン。2号放ったらかし。

そんな2号を可愛そうに思ったのか、店主のおじさんが気を利かせて「じゃあこっちの小さい鳥にする?」と出してくれたのが・・・

ウロコインコ
ウロコインコ。

・・・・・・うちにも居ますねぇ。

わざわざお金を払って、我が家に居るウロコインコと触れ合う娘2号・・・。色が違うから、いいんだって。

大型鳥にビビッた娘2号とみっちーキッズはどちらもついこの間まで幼稚園児でした。そのくらいの子供には、やっぱりちょっと怖いのかもしれませんね。小さいお子様連れで鳥とのふれあいをする場合は、土壇場で怖がる可能性アリです。

さて、最後のふれあい体験はみっちーとみっちー長女のチョイスした「ヨウム」です。
ヨウム
今までの大型オウムに比べると、不思議とヨウムクラスが小さく見える・・・。十分デカイのだが。

さすがにヨウムはちょっと神経質で、触ろうとするとやや警戒気味でしたが、それでも大人しかったです。
ヨウム

ヨウムとのふれあい体験ですっかりヨウムに魅了されてしまった長女さん。

このみっちー長女は、ペット飼育を反対され続けながらも必死の説得(?)で文鳥を飼う許しを得たお嬢さんです。その経緯を紹介した記事がコチラ。

帰りの道中、「お母さん、ヨウム飼おうよヨウムー。お父さん、鳥ならいいって言ってたじゃーん」って。

いやアナタ・・・鳥ならいいって言ったって、簡単に飼える訳ないでしょー!ヨウムは飼いません!!

・・・とヨウム飼育を反対された翌日。長女さんが購入してきたのがコチラ。
ヨウムマスコット
※画像提供:みっちー

ヨウムマスコットー\(◎o◎)/!

一体どこで見つけたんだか!!

いやー素晴らしい情熱!こりゃ、みっちー家がヨウムをお迎えする日も遠くない・・・?!

まとめ

今回は先日訪問した埼玉県川口市の「オウムのカフェ Freak」の紹介でした。

飼ってみたいけれど、ちょっとハードルが高くて飼えない大型インコ・オウムと触れ合える貴重なカフェです。お店の営業日等の詳細はホームページにてご確認ください。
【オウムのカフェ Freak】
http://www.parrot-freak.com/

大きい鳥さんに会えるカフェ、機会があったら行ってみんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

LINEで送る
Pocket

アカヘルインコブログの読者になろう!
新着記事をLINEでお届け

LINEで読者になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です