セリアのマイクロブロックのインコズが100均なのにオススメ!!

Pocket

セリアのマイクロブロック1

100均とは思えない?!セリアのマイクロブロック

以前、100円ショップのダイソーで極小サイズのブロックの鳥シリーズを発見し、買ってみたのをきっかけに、ブロック作りにはまりつつある我が家です。

ダイソーでは「プチブロック」という商品名で売られていて、購入したのは「ふくろう」と「フラミンゴ」。
小学生と幼稚園児の娘達が頑張って作りました。コチラの記事で紹介しています。

次に、トイザらスで見つけて買ってみた本家「ナノブロック」は、セキセイインコのグリーンオパーリン。
コチラはお値段が100均の約7倍ということもあってか、首が可動式だったりで、なかなかのクオリティー。

そしてつい先日、息子が100円ショップ・セリアでも極小ブロックを発見!
しかも、インコのラインナップがこれまた素晴らしい!
こりゃー買うしかないね!

買ってはみたが期待外れな結果に終わっても、100円だったからまぁいいかと思えるところが100均のいいところです。
そんな心配とは裏腹に、セリアのブロックはこれがなかなか素晴らしい。

それでは、セリアのマイクロブロックってどんなかな?!イッテミヨー!!

ボックス仕様のセリア・マイクロブロック

はい、こちらがセリアの「マイクロブロック」です。
セリアのマイクロブロック1

本家の名称が「ナノブロック」、ダイソーが「プチブロック」、セリアは「マイクロブロック」・・・。
だんだん、どれが本家の名前だったか、分からなくなってきましたが。

セリアのマイクロブロックの特徴としては、本家・ダイソーがチャック付きの袋入りであるのに対し、セリアは箱です。

袋の方が保管に場所を取らず便利な気がしますが、セリアの箱はブロック組み立て後の完成品も入る大きさなので、作ったけど特に飾らずにしまっておきたい、という人には良いのかなと思います。

今回購入したのは、
・アキクサ&セキセイ(緑)インコ
・オカメ&セキセイ(青)インコ
・キバタン
・フクロウ

の4つです。

インコが2羽セットになっているところが、100均ながらもお得感があります。

我が家は小学生の娘1号と息子、幼稚園児の娘2号の3人兄弟です。
それぞれが作りたいブロックを選んで、3人で作り始めました。
セリアのマイクロブロックを作る子供たち

最年長の娘1号が「アキクサ&セキセイ(緑)インコ」、息子が「キバタン」、園児の娘2号は「オカメ&セキセイ(青)インコ」です。

ちなみに、こちらの商品の対象年齢は・・・
セリアマイクロブロック対象年齢

「9歳以上」ですって。
娘2号だけ対象外ですが・・・まぁ頑張ってもらいましょう。

ダイソーと本家ナノブロックの対象年齢は12歳でしたが・・・マイナス3歳分やさしい仕様になっているのでしょうか。
見た目あまり変わらないような気がしますが・・・。

と、ここで箱の中身を確認してみてビックリ!
セリアのブロックには、本家にもダイソーにも付属になっていないパーツが同梱されていました!

それがコチラ。
ブロック外し用リムーバー

「ブロック外し用リムーバー」です。

下の写真のようにはめ込んだブロックって、指で外そうにも隙間も摘むところも無くて外しづらいのですが、
ブロック

セリア付属のブロック外しはこの様に、外したいブロックの上に被せて、
セリアマイクロブロックのブロック外し

てこの原理で簡単に外すことができます。
セリアマイクロブロックのブロック外し2

これは100均なのに高ポイントです!

ちなみにこのセリアのブロック外し、本家ナノブロックにも使用可能でした。
ダイソープチブロックには、形が合わずに使えませんでした・・・。

本家ナノブロックのブロック外しを買いたいという人には、とりあえずセリアのマイクロブロックを一個買ってみるのもオススメです。

さて、子供達のブロック作りはどんな感じかな?

コチラは息子の「キバタン」
セリアマイクロブロック作り途中1

コチラは娘1号の「アキクサ&セキセイ(緑)インコ」
セリアマイクロブロックのインコ
お、さすが最年長。だいぶ出来上がっています。

最年少の2号はどうかな?
セリアマイクロブロック製作途中
うーん、やはり園児はかなり苦戦しています。

園児の2号がほとんど進まないうちに、さすがの1号は完成しました。
セリアマイクロブロックのアキクサセキセイインコ

アキクサ&セキセイインコです。

セリアマイクロブロックのアキクサセキセイインコ2
形は全く同じで、色が違うだけですけどね。

そして、息子のキバタンも完成!
セリアマイクロブロックのキバタン1

頭の黄色い冠羽がいい感じです。
セリアマイクロブロックのキバタン2

そして、園児の娘2号は・・・

「難しいー!!出来ないよー!えーんえーん!!」

と泣き出し・・・姉がすかさずヘルプに入りました。
ブロック作りを手伝う姉
やはり園児には無理だったようです。

姉が交代して、完成した「オカメ&セキセイ(青)インコ」がコチラです。
セリアマイクロブロックのオカメ&セキセイインコ1

やはりセキセイインコは先程のインコと形は同じで色が違うだけです。
セリアマイクロブロックのオカメ&セキセイインコ2

ちなみに、一つ残った「フクロウ」ですが、箱を見ると、
セリアマイクロブロックのフクロウ
「難易度 むずかしい」となっています。

このフクロウ作りに、これまでの各メーカーの極小ブロックを作ってきた娘1号が挑戦したのですが・・・
「分かんない!難しい!出来ない!」
と、初めてのリタイヤ。

次に息子も挑戦しましたが・・・やっぱり難しくて作れず、無言のまま涙を流しリタイヤ。

これまで購入してきた商品の中で、唯一子供が作れませんでした。

その「難易度 むずかしい」のフクロウ完成品がコチラです。
セリアマイクロブロックのフクロウ1

我が家の旦那様が子供に代わって完成させました。
セリアマイクロブロックのフクロウ2

ちなみに、「難易度 むずかしい」のフクロウの対象年齢も9歳以上となっていますが、我が家では9歳以上でも作れませんでした!

子供達が作ったインコズを並べてみると、
セリアマイクロブロックのインコ

本家ナノブロックのセキセイインコ同様、やはり皆、たらこクチビルですね。

まとめ

今回は100円ショップセリアのマイクロブロックのインコシリーズの紹介でした。

100均ながらも、インコが2羽セットになっていたり、ブロック外し用リムーバーが同梱されていたりと、かなりお得感のあるセット内容となっていました。

「難易度 かんたん」ならば小学生なら十分楽しめました。
幼稚園児にはちょっとハードルが高かったです。

後日購入した「親子シリーズ・アヒル、カルガモ、ツバメ」はこちらの記事で紹介しています。

皆さんも見つけたら是非、作って遊んでみんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です