ウロコインコはいくらあれば買えるのか?値段はズバリ?!

Pocket

雛の頃のチャイ

ウロコインコの値段は一体いくら?

ペットを家にお迎えするにあたっては、飼育について調べたり、お迎えする環境を整えたりと責任を持って計画的に進めていくことが大切です。その為には、費用を検討することもとても大事。

初めてウロコインコをお迎えする場合は、揃える飼育用品や餌にももちろんお金がかかります。

また、実際飼い始めてからの餌代も知っておいたほうが賢明ですね。

ですが、ウロコインコの存在を知って、興味がわき、飼いたいな~と思った時、まず最初に気になるのはウロコインコ本体の値段でしょう。

「すごくカワイイけれど、この鳥さんは一体いくら?」がほとんどの人の本音だと思います。

さて、値段と一口に言ってもカラーや販売店によってかなりの差がありまして、しかもシーサンは1羽しか購入していませんから、自前の経験だけではちょっと乏しい・・・

なので、今回の記事を書くにあたって、ザッと販売中の子達を検索してみました。
※かなりザッとです。適当に参考にしてください。

それでは、「本音 de トーク!気になるウロコインコのお値段」イッテミヨー!!

ウロコインコの値段はカラーによって違う

ウロコインコには色々な種類のカラーの子がいます。代表的なところでは、

・ノーマル
・ワキコガネ
・シナモン
・パイナップル
・ブルー

こんな感じでしょうか。

ブルーパイナップル、サンチーク、ダイリュート等の稀少カラーも居ますが、ここでは基本的なカラーに絞って検証していきます。
※基本、稀少カラーは上記5色より高いと思って下さい。十万円以上したりします。

先ほどのカラー5種は、実はお値段順に並んでいます。もう一度、見てみましょう。

ノーマル

ワキコガネ

シナモン

パイナップル

ブルー

こちら、上から「安い→高い」の順番です。お店によって違うかもしれませんが、大体こんな感じです。

基本的にカラーバリエーションのある動物は、稀少なカラーほどお値段は高くなりますよね。あとはやはり、人気のカラーは高めのお値段の傾向にあります。

ちなみに、我が家のウロコインコのチャイは「シナモン」です。
シナモンチャイ

カラーによる値段の違いはこのような感じです。

では次に、実際に販売中のウロコさん達の値段を検証してみましょう。

実際はいくらで販売中?

販売中のウロコインコの値段をチェック!といっても、価格を載せていない販売店やブリーダーさんも結構あります。

なので、こちらで検証したお値段は、価格を載せている販売店の数店のみです。あくまでも、本当にあくまでも参考程度です。(・・・しつこい?!)

今回参照したのは、

・某ウロコインコのブリーダーさん(個人)
・某インコ・オウムの専門店(チェーン)
・某イヌのマークの大手ペットショップ(チェーン)

こちらの3店です。

さて、鋭い人はもうお気づきかもしれませんが・・・この並び順も、実は販売価格順になっています。

某ウロコインコのブリーダーさん(個人)

某インコ・オウムの専門店(チェーン)

某イヌのマークの大手ペットショップ(チェーン)

もちろん上から「安い→高い」の順番です。結構、価格の差があってビックリです。

ちなみに雛~若鳥に絞って価格検索してみました。成鳥でセール販売されている子はノーマルの雛より安い値段で販売されていたりします。

ここで、先ほどのカラー5種に、それぞれの価格を当てはめてみましょう。※ワキコガネ、ブルーは検証時、大手ペットショップでは販売されていませんでした。

【ノーマル】   
ブリーダー:15,000円
インコ・オウム専門店:30,000円
大手ペットショップ:88,000円

【ワキコガネ】
ブリーダー:20,000円
インコ・オウム専門店:32,000円

【シナモン】
ブリーダー:25,000円
インコ・オウム専門店:35,000円
大手ペットショップ:88,000円

【パイナップル】
ブリーダー:30,000円
インコ・オウム専門店:52,000円
大手ペットショップ:88,000円

【ブルー】
ブリーダー:40,000円
インコ・オウム専門店:58,000円

※価格はおおよそです。

ショップによっては、上記代金の他に性別判定や各種検査代として、5,000円~10,000円が別途必要になります。

しかし、大手ペットショップのお値段は高いですね~!!

価格の点ではやはり、ブリーダーさんがオススメです。ブリーダーさんの間でも価格設定はかなり異なります。上記のブリーダーさん価格はかなり安めの設定だと思ってください。

※価格は2017年8月のものです。

まとめ

いかがでしたか?ウロコインコのおおよその値段がお分かり頂けたでしょうか?ウロコインコは、カラーや販売店によって、その価格にかなりの違いがあることが分かりました。

好みのカラーを選択することも大切ですが、お値段を考慮した上で、計画的に大事な1羽を選んであげて下さいね。個人的には安い買い物ではないので、じっくり検討してお迎えしてください。

値段も大事だけど、かけがえの無い一つの命だよ!責任をしっかり考えてお迎えしんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です