よく「鳥目」っていうけど、鳥は夜は目が見えないの?インコの視覚について

Pocket

チャイ目

鳥は本当に「鳥目」なのか?

「鳥目」という言葉を一度は聞いた事があるでしょう。
鳥目とは、「夜盲症」という暗い場所で視力が低下する病気の俗称です。
ビタミンA不足が原因とかで、「鳥目の人はニンジンを食え」なんてのも聞いた事があります。

この「鳥目」という言葉から、「鳥は夜は目が見えない」という通説がありますが、果たして実際はどうなのでしょうか。

シーサンも実は、我が家のセキセイインコのレイちゃんを放鳥させた後に捕まえる方法として、「鳥は鳥目だから~」と、部屋を暗くして捕まえたりしていました。

でも、疑問も感じていました。
我が家では、夜にはケージにカバー(・・・とはいえない代物ですが)を掛けて、暗くして寝かせているのですが、カバーを掛けたあとでも、レイちゃんは餌をポリポリ・・・と食べていたり、ウロコインコのチャイも真っ暗な中、寝床のバードテントまで移動したりしています。

「鳥目な割には、普通に動いてるな・・・もしかして、鳥って鳥目じゃないんじゃない?」

と、不思議に思って、ちょっと調べてみました。
今回は「鳥の目」について自分なりに簡単にまとめてみたいと思います。

それでは、インコ ふしぎ発見!!(勝手にシリーズ化第2弾!)

実は人間よりもはるかに目がいいインコ

チャイ2
インコは実はとっても目がいい動物です。

野生のインコは、自然の中では捕食される側の生き物です。
左右に分かれてついている目は、危険を回避するために、広い範囲まで見渡せる視野を確保するためです。

広い視野に加えて、目の前1cm以下から、はるか遠くの物体まで広くピントが合うそうです。
ちなみにスズメは10m上空からでも地面のお米粒が見えるとか・・・すごいですね。

試しに1cmの近さで物を見てみてください。
ボヤーっとして、見えないですよ・・・
でもインコはばっちりピントが合うらしいです。

これだけでも、人間より目がいいのが分かるのですが、さらにさらに、インコは人間には見えていない色が見えているらしいのです。

人間は世界を赤、緑、青の3原色で見ています。
ですが、インコは人間よりも多い4原色で物を見ているらしいのです。
人間には見えない領域の紫外線を見ることができる、とのことです。

これは、夜行性の一部の鳥を除いて、昼間に活動する鳥は、視覚を頼りに生活してきたことに由来するそうです。
空を飛ぶ鳥には、高い上空からでも物をしっかり見る能力が必要でした。
自然での生活に適応するために視覚が発達し、反対に嗅覚は衰えていきました。
そのため、ある物が食べられるか否かを判断するのも、においではなく「色」で判断しています。

ちなみに、犬や猫などの多くの哺乳類は2原色だそうで、人間が見ている世界よりも色彩が乏しい世界で生活しているのですね。

このように、昼間の安全を確保するために「色」を見分ける能力を優先した鳥は、逆に暗闇で見る能力を犠牲にした為、暗いところでは視力は落ちます。
それでも、人間と同じくらいには見えているらしいです。

こんなに目がいい鳥達なのに、では一体なぜ、「夜盲症=鳥目」となったのか?
その理由は、私達がとてもよく知っている鳥にあったのです・・・

インコ ふしぎ発見!!

だからしつこいって・・・

鳥目の由来となったのは、あのコケコッコーと鳴く鳥

前述の通り、鳥は人間よりもはるかに目がいいことが分かります。
ではなぜ「鳥目」というようになったのでしょう?

そもそもは、ニワトリの視力が夜に極端に低下することにあったようです。
ニワトリはもともと視力がとても弱い動物で、夜はほとんど見えないそうです。
家畜で飼育されていたニワトリが、夜には動かずじっとしていることが「鳥目」に由来しているようです。

空を飛ぶ鳥は、それに伴う能力として優れた視覚を持っていますが、飛ぶ事をやめたニワトリは、視力は必要ない能力だったのでしょうか・・・。視力と引き換えに、何か突出した能力があるということなのでしょうか・・・。
どなたかニワトリに詳しい方、教えて下さい。

それと、昼間に活動する鳥が、夜には活動せずに姿を見せないことからも、「鳥は夜は目が見えないのでは?」と思われていたという説がありますが、これは単に夜の危険から身を守るために活動していないだけで、目が見えていないわけではありませんね。

ニワトリは確かに「鳥目」かもしれませんが、「鳥目」は他の多くの鳥には当てはまらないということが、分かりました。

「鳥目」という言葉から、鳥類全体が夜は視力が低下すると思われがちですが、そうではなかったんですね。

むしろ、私達人間よりも、インコはよーーく物が見えているということが分かりました。

「人間よりも色んな物がよーく見えているインコはすばらしい!」に

スーパーひとしくん!!
起立チャイ

・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

だからしつこいって!

まとめ

いかがでしたか?
世間一般で「鳥目」と言いますが、ほとんどの鳥は、夜には多少見えにくくなるものの、全く見えていないということは無い、ということが分かりました。

むしろ、人間よりもはるかに目がいい動物なのですね。
改めて、インコの能力に脱帽です。

近い物から遠くの物まで、よーく見えているってことを知りんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です