インコが寒がっている?!「寒い」のポーズ、仕草は体調が悪い証拠かも?!

Pocket

レイとチャイ

インコの仕草で知っておいて欲しいもの

言葉で伝えることの出来ない動物の世話をする上で、仕草や行動でその子が何を訴えているか、飼い主が気づいてやる必要があります。

人間の赤ちゃんもそうですが、赤ちゃんは泣く事でしか不快なことを伝えられません。
寒い、暑い、痛い、痒い、眠い、お腹が空いた・・・等々。
育児を経験していくと、段々分かってくるのですが、最初のうちは何で泣いているのか分からず戸惑うものです。

インコの飼育も同じです。インコも「具合が悪いよ」などと喋りません。
特にインコは体調が悪いとき、それを隠します。
体調が悪い、元気がないことが見た目でバレると、外敵に真っ先に襲われてしまう為です。

そのため、インコの体調管理には日頃の様子を観察することが大切です。
糞の状態や、餌の食べ具合などに加えて、こんな仕草のときはこうなんだというのを、ある程度把握しておくと良いですね。

そんな仕草の中で、基本的に知っておいて欲しいのは、「寒い」です。

寒い時にはどんな仕草をする?

頭を後ろに回すレイ
インコは寒い時は、以下の様な仕草をします。

1:片足を体に隠して、片足立ちしている。
2:体全体の羽毛を膨らませる。
3:くちばしを背中にまわして羽毛に埋めている。

基本、こちらの仕草はすべて「寒い」です。
レベルとしては、1の片足立ちが一番「低」で、3が「高」です。

1は、単に休憩中のこともあります。その後、普通にしていたら問題ありません。
2は、羽毛を膨らませることで空気を入れ、保温効果を高めています。
3のポーズは寒い時以外にはしません。「寒い」時の典型的なポーズです。

これらの事で、インコさんが寒がっていることが分かりますが、室温が低いわけでもないのに、これらのポーズ(特に2と3)をしていたら要注意です。

室温が低いわけでもないのにというのがポイントです。
我が家は冬でもインコの日常保温はしないので、真冬の寒い日なんかは、そりゃーやっぱり寒そうにはしてます。

でも、それは本当に寒いからそうしているのであって、いわば自己防寒対策です。
この場合は、寒そうにしてても元気ならば問題ありません。

ですが、気温が低いわけでもないのにインコさんが寒がっている時は、自分で体温の調節が上手く出来ていない証拠です。
これは、インコさんの体調が悪いという可能性が高いです。

こんな時には、しっかり保温をしてあげましょう。
インコの具合が思わしくない時には、まず保温が基本です。

保温をして様子を見たり、風邪気味っぽいなという時には、栄養補助にサプリメントを取り入れてみたり。

それでも良くならない時には、病院へ連れて行くことも考える必要があります。

まとめ

インコが寒そうにしているということは、体温の調節機能がうまく働いていない可能性が考えられます。
そんな時は体調を崩していることが考えられるので、保温してあげましょう。

羽が生え替わる時期には体力を消耗するので、体調を崩すことがあります。
インコの「寒い」の仕草を見逃さないようにしたいですね。

喋れないけど態度で伝えているよ。気づいてあげんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です