冬はインコは保温が必要なの?我が家は冬でも保温しません

Pocket

手のひらのウロコインコ

インコの保温について

よく、色々な飼育本などを見ていると、

「インコは寒さに弱い動物です」
「冬はペットヒーターで保温しましょう」

という内容が載っています。

ですが、我が家、保温はしていません。

子供の頃セキセイインコやら文鳥やら、飼っていましたが、冬だろうが保温なんてしたことありません。保温どころか、冬でも日中はベランダの外にケージを出していました。(日当たり良好な関東平野部のベランダでしたが)

はて・・・いつから保温が必要な動物になったんだろう。昔から保温は必要だったけど、自分が知らずにやっていなかっただけか?

・・・いや、そんなはずはありません。子供の頃、飼っていたセキセイインコたち、保温なしでも元気にそれなりに長生きでした。

色々な飼育書に「保温が必要」と載っているもんだから、これからインコを飼おうと思っている人はきっと、冬場はヒーターで保温してあげないとインコの命に関わるものと、思うんじゃないでしょうか。

今回は、「インコの保温の必要性について」です。

声を大にして言っておきますが、
・・・あくまでも、我が家のケースですよ。

それでは、イッテミヨー!

インコは暑い地域の生き物だから寒さに弱い?

セキセイインコのレイ

よく、インコは保温が必要という内容と一緒に、「インコは元々、暑い地域に住んでいる鳥なので、暑さに強く、寒さには弱いです」と書いてあります。

まぁ、確かに暑い地域に住んでいる鳥さんではあります。

以前、昔の記事に少し書きましたが、実はシーサン、オーストラリアのとある所で短期間暮らしていました。

そこは、庭にマンゴーがなったりする、熱帯気候なトロピカルな田舎町で、なーんにもない所だったのですが、道を歩いていると時折、野生のセキセイインコがそこいらを飛んでいたりするような所でした。

初めて野生のセキセイインコを見かけた時は、「わっ!誰かの飼ってるインコ、逃げちゃってるじゃん?!」とビックリしたもんです。

ちなみに野生のセキセイインコって、みんな緑色なんですよ。・・・余談ですが。

さて、話を元にもどしますが、その住んでいた地域の気候は、基本1年中暑い所でした。1年中暑いのですが、やっぱり冬と呼ばれるシーズンもありました。

その地域の冬は、日中お日様の当たるところに居ると、半袖で良いくらいですが、日が沈んだ後にはグッと気温が下がるのです。それこそ、部屋ではストーブが必要なくらい寒くなります。

日中、半袖なのに、夜になると一気に3度くらいになります。明け方も相当冷え込みました。

そんな激しい気温差の中、夜から朝は真冬並みに寒くなるお外で、野生のセキセイインコたちは生きていた訳です。寒くても暑くても、そこで普通に暮らしているのですから、その環境に慣れた体になっているのでしょう。

シーサンが子供の頃飼っていたセキセイインコも保温は一切なしで元気だったし、野生のセキセイもこんな気温差の激しい環境下で生活しているんだし、やっぱり保温なんて要らないんじゃない?と個人的には思うのです。

そして、ウロコインコをお迎えしようかと検討していた時のこと。色々調べていると、やっぱりウロコインコも「寒さに弱い」「保温必要」「ペットヒーター必要」と書いてありました。

セキセイインコは保温なしで飼ったことがあるけれど、ウロコインコについては知識が無かったので、「ヒーター必要なのか・・・電気代もかかるし、ちょっと面倒だな」と思っていました。

そんな時、とあるウロコインコのブリーダーさんのブログを拝見したところ、その方は、

「インコは一人餌になってからは保温は必要ありません」
「うちのインコ達は冬でも外で生活しています」
「氷が混ざってシャーベット状になった水で水浴びしていますよ」

などと書いてあるではありませんか。

そーなんですか?本当ですか?それなら冬でも保温しなくてよいではありませんか。

いくつかのブリーダーさんのサイト、ブログ等で情報収集しましたが、冬の保温についてはやはり人それぞれで、「必要」と言う人がほとんどでした。

「必要ない」というブリーダーさんのところのインコさんは、冬になる前の換羽で、寒さに対応するために羽毛がみっちりしっかり生えるそうです。

そこでシーサン思ったのですが・・・

冬は寒いからと、保温をして快適な温度で年中過ごしてきたインコは、寒さに弱い。冬は寒いけど、保温なしで寒い環境でも元気に過ごしてきたインコは、体が寒さに適応しようとするので保温なしでも冬を越す。

人間の子供も、同じですよね。

ちょっと寒くなってきた頃に、すぐ厚手のジャンパーを着て学校に行く子もいれば(ウチの長女)、ちょっと寒くても、面倒臭いので上着を着ずに、しかも衣替えも面倒なので11月くらいまで半袖で過ごしていた為、12月になってもジャンパーを着ずに学校に行く子(ウチの長男)もいます。

インコも子供も、後者が少数なのでしょうが、環境に慣れた個体であれば保温は必要ないのではと思います。かえってその方が免疫力も高くなって、良い気がします。

そのようなこともあり、我が家のウロコインコのチャイをお迎えする時には、お迎え元での飼育環境はどんなかというのもかなり検討しました。

・餌はシードかペレットか。→シーサンの希望はシードでした。
・冬は保温が必須の飼育環境なのか。→親鳥が保温なしで育っている方が、生まれた子供も免疫力が高いかも。

など。

なるべく自分の希望と同じ飼育環境で育てられいたインコをお迎えすることをオススメします。

インコの保温についての個人的な考え

シーサンは個人的には、インコにとって保温が必要なのは「雛の間」と「具合が悪いとき」だけだと考えています。従って、冬だからといって我が家は室内飼いのインコの保温はしません。

昨年は、急にぐっと冷え込んだときに、セキセイインコのレイが体調を崩し、元気がなくなってしまったので、その時は保温しました。日頃は保温をしていないので、ちょっと弱ったときに保温をしてあげると、翌日には元気になっていることが多いです。

日常的に保温をしないので、我が家にはペットヒーターがありません。ヒーターなしの緊急保温についてはコチラの記事をご参照ください。

保温なしで冬を過ごすインコは、寒い時にはさすがに寒そうにはしています。羽を膨らませてじっとしたり。

その、寒そうにしている状態が、健康だけど単に寒いから寒そうにしているのか、具合が悪くて寒そうにしているのか、判断が難しいこともあるかもしれませんが・・・。

ですが、寒そうにしながらも元気なときは普通に元気です。

野生のインコは季節性の換羽は基本、春と秋の2回です。気温の変化に対応するために、羽毛を入れ替える為です。

室内飼いのインコは、気温の変化があまりなく、穏やかな環境で過ごしているため、不定期に何度も換羽することがありますが、換羽は新しい羽を作るのに体力を消耗するので、あまり頻繁にだらだら続くのはよくありません。

また、盛りがつくのも春と秋が多いですが、これも室内の過ごしやすい気温で飼育されているインコは、年に何度も盛りがついてしまうことも多いです。

冬の間に保温をして過ごしていると、それらの問題を助長するのではないかと個人的には考えています。

まとめ

今回はインコの冬場の保温の必要性について考えてみました。

個人的には、保温は必要なしと思っていますし、ヒーターによる事故の方が怖いかな、という気がします。
ただ、記事中でも述べたように、人それぞれの考え方があると思いますし、遺伝的に弱い個体は、やはり保温が必要になることもあると思います。

今回の記事中に登場している「保温は不要」派のブリーダーさんは【Tery’s birds】さんと言います。コチラの記事で詳しく紹介しています。

あくまで我が家のケースだよ!参考程度にしてくだチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です