どうする?!オカメインコをお迎えしたけど挿し餌を食べてくれない

Pocket

オカメインコの雛

オカメインコをお迎え!!したけど挿し餌を食べてくれないよ

オカメインコの雛をお迎えした直後、家で挿し餌を与えてみたけれど全然食べてくれない・・・ということがあります。お迎え前のショップやブリーダーさんの所ではガツガツもりもり食べていたのに、なぜ・・・。

「挿し餌後の体重は〇〇gくらいを目指して与えてください」「お迎え前までは挿し餌を15gくらいは食べてましたよ」と言われて、頑張って食べさせてはみるものの、ちょびっとしか食べてくれず、目標体重には程遠い・・・。

ただでさえ慣れない挿し餌に慣れない育雛で、不安と心配がぐるぐる。体重も減ってしまうし、食べてくれなかったら死んじゃうんじゃない??なんて、すっかり育てていく自信を無くしてしまうことも。

一体どうすればいいの?!と焦ってしまいますが、ここでちょっと落ち着いて、原因や対策を知っておきましょう。

お迎えしたばっかりのオカメインコが挿し餌を食べないのはなぜ?どうしたらいい?イッテミヨー!

まだ環境にも人にも慣れていない!ということを知ろう

お迎え直後の雛が挿し餌を食べない一番の理由はやはり「新しい環境に慣れていない」です。

今までとは違う場所に知らない人々・・・挿し餌をもらう容器やスプーンも今までとは違います。

インコはまさに「ここはどこ?アナタは誰?」と心細くてドキドキしている状態。

知らない場所で知らない人から「ご飯ですよ」と言われても、はいそうですかとガツガツ食べるわけがありませんよね。

ただでさえオカメインコは臆病で気が小さいので、新しい環境に慣れるのに時間が掛かります。

固体差もありますが、新しい環境に慣れるのに2~3日はかかるかもしれません。我が家ではお迎えの時、ブリーダーさんに「お迎え後の2日程はあまり挿し餌を食べずに体重が落ちると思います」と言われました。

初飛行や一人餌への興味の時期と重なっている可能性も考えよう

ショップやブリーダーさんからお迎えしてくる頃の雛は、ちょうどそろそろ飛び始める日齢であったり、一人餌に興味が出始める時期と重なるパターンがよくあります。

インコは飛び始める前には体を軽くしないと飛べない為、体重が減少していきます。お迎えの頃に初飛行の時期が重なると、どんどん減って行く体重に不安になることがあります。でも、飛ぶ前には体重が減るのが自然なことなのです。

オカメインコは30日齢を過ぎた頃に飛び始めます。我が家のオカメインコの丸くんもお迎え翌日、32日齢で初めて飛びました。

また、同時期に一人餌に興味を示しだすこともあります。

ケージの床に撒いた餌をついばむ様子が見られたら一人餌に興味がある証拠です。その頃には朝の挿し餌をあまり食べなくなったりと、挿し餌の量が減ることがあります。
餌をついばむオカメインコの雛

前述のように新しい環境に慣れていなかったり、初飛行や一人餌への移行段階により挿し餌の量が減少する時期が重なったりして、お迎え直後にはなかなか思うように挿し餌を食べてくれないことが多いです。

では、そんな「食べてくれない」時はどう対処したらよいのでしょうか。

お迎えしてからの注意点は?

お迎え直後はなんといっても、「落ち着かせて仲良くなる」ことが先決です。

臆病で神経質なオカメインコに、「ここは安全な場所」「私達はあなたの友達よ」ということを早く覚えてもらいましょう。

臆病ですが甘えん坊でもあるので、仲良くなるために胸元に抱っこしてあげたり、頭やほっぺを優しくカキカキしてあげると良いと思います。

初めて対面した時には横に揺れて口を開けて威嚇してきます。「なんだオマエはー!!あっちいけー!!」といわんばかりの表情です。

さらに怒りが頂点に達していると「フッ!フッ!」と息を吹きかけるようにしてさらに威嚇してきます。

こんな時にはそっと見守る程度にして、まずはオカメちゃんの視界に入ることに慣れてもらいましょう。翌日には見慣れて、横揺れ威嚇もしなくなります。

健康状態良好で、体重もある雛ならば1日くらい食べなくても死にませんし、食べなきゃお腹も空きますので、さすがに空腹には勝てんとばかりに食べ始めます。
さし餌を食べるオカメインコ
「ガツガツ!!」

我が家でもお迎え後の2日間は挿し餌を食べる量がいまいちで、1回に5~6g程しか食べてくれず困っていたのですが、試しにお昼の挿し餌を抜いてみたところ、さすがに腹が減ったのでしょう、夕方の挿し餌をガツガツと15g食べてくれました。

こんな感じで、「環境に慣れる」ことと「空腹を感じる」ことで挿し餌を次第に食べてくれるようになります。

日齢的に一人餌移行段階で、挿し餌を食べる気が無い様子であれば、一日3回だった挿し餌を2回~1回にしたりして、徐々に挿し餌を減らしてみても良いと思います。その際には体重を量って経過をみながら一人餌練習となります。

まとめ

今回はお迎え直後のオカメインコが挿し餌を食べてくれない原因や、その対処法の紹介でした。

普通に体重のある雛ならば、多少挿し餌を抜いても体重が減ってもそんなに心配いりません。食べてくれないと心配になってしまいますが、新しい環境に慣れてお腹が空けば大抵の場合は食べてくれるようになります。

お迎えしたショップやブリーダーさんの指示を仰ぎ、慌てず大らかな気持ちで対応しましょう。

空腹にはさすがに勝てん?!慌てず少しずつ仲良くなりんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です