我が家にオカメインコがやってきた!

Pocket

オカメインコのひな

新しい家族が増えました!

これまで我が家にはセキセイインコのレイと、ウロコインコのチャイの2羽のインコがおりましたが・・・

このたび!

ついに!

なんと!

オカメインコを新たにお迎えしましたー!!

わーいパチパチパチ!

なぜオカメ?かというと、言いだしっぺは我が家のダンナさま。

我が家のダンナさまはレイとチャイを飼い始めるまではインコ・鳥に全く興味がなく、むしろインコ飼育に若干反対派でした。その経緯についてはコチラの記事で詳しく紹介しています。

上記記事でも紹介しましたが、そんなダンナもインコを飼い始めてからすっかりその魅力に取り付かれ、突然「オカメ飼いたい」と言い出した。「オカメインコの飼い方」的な本を勝手に買ってくる始末・・・。

「オカメって、ほっぺが赤くてかわいいじゃない??」って。

そんな訳で、実は去年からオカメ飼育を水面下で検討し、じわじわと準備していました。

そんなお迎えしたばかりのオカメインコを紹介します!

オカメインコ・ノーマルの男の子「丸くん」です

はい!コチラが晴れて先日お迎えしてきました、オカメインコのノーマルのオスです。名前は「丸くん」!
オカメインコのひな

名前の由来は、広島カープの丸佳浩・・・ではありません。オカメといえばやっぱりほっぺの赤まるが特徴的なので、そこから頂きました。たまたま(?)カープの丸と同じ名前だし、いいんじゃなーい?ということで、決定。

そして、なぜノーマルのオスを選んだかというと、これは言いだしっぺのダンナさまの好みです。

自分で買ってきたオカメインコの飼育本に載っていた写真を見て、「これがいい」と独断と偏見で決定。

最初は「えー、ルチノーの方がかわいくない?」と思ったのですが、なんだかんだ言ってノーマル(原種)が一番丈夫なんじゃないかということで、決定。

それに、グレーの体に黄色い顔にほっぺの赤まるが、よく見ればかわいいじゃん?と思いまして・・・。

そんなオカメのお迎え元は、ウロコインコのチャイを迎えたブリーダーさんの【Tery’s birds】さんです。またまたお世話になっちゃいました。【Tery’s birds】さんについてはコチラの記事で詳しく紹介しています。

オカメの丸くんは、31日齢で我が家にやって来ました。まだちょっとの間、挿し餌が必要です。
オカメインコのさし餌

ウロコインコのチャイの挿し餌で難航してすっかりトラウマになったシーサン・・・最初は Tery’s birds さんに挿し餌をお願いして、一人餌になってからお迎えします。と弱気にお話したのですが、「挿し餌しなくていいんですか?(・・・可愛いですよぉぉぉ)」の言葉に負けてしまい、やっぱり挿し餌の雛からお迎えすることに(苦笑)。

確かに、雛の成長ってあっという間で、こんな挿し餌の可愛い時期は貴重ですしね。
オカメインコのひな2
お口周りに挿し餌のカピカピつけちゃってー、ニクイね!

よぉぉーし!頑張るぞー!

赤ヘルインコブログも、インコ3羽になってさらにパワーアップで頑張ります!

あ、オカメはインコじゃなく、オウムだったわ。

まとめ

今回は、新たにお迎えしたオカメインコの丸くんの紹介でした。

まん丸ほっぺにまん丸お目々の男の子、丸くんを宜しくお願いします!

オカメが来てから家族がすっかりオカメにメロメロ!ウロコとセキセイも構ってあげんチャイ!

この記事と合わせて読みたい!

2件のフィードバック

  1. えの より:

    初めまして。いつも楽しく読ませてもらってます。
    うちもオカメ2羽セキセイ1羽ウロコ1羽です。
    鳥って1羽1羽に個性があって気が付くとどんどん増えちゃいますよね。
    オカメのノーマル男子かわいいです。下手な歌を披露してくれます。

    ウロコ日記もオカメ日記も楽しみにしてます。
    短い挿し餌期間、楽しんでくださいね。

    • シーサン より:

      えの様

      本当に、鳥ってみんな個性的で楽しいですね。
      オカメ飼育は初めてなので分からないことだらけなのですが、雛は一日の成長が本当に早い!
      下手な歌(苦笑)、早く我が家のオカメも歌って欲しいです~。

      とっても励みになるコメントありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です